国語言葉の意味

【慣用句】「力の限り」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「力の限り」について解説する。

端的に言えば力の限りの意味は「体力や能力を全て出し尽くす」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライターのミロさんを呼んだ。一緒に「力の限り」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ミロさん

日々、言葉について勉強を積み重ねているwebライター。1つ1つの言葉に興味を持ち、理解を深めている。

「力の限り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「力の限り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。「力の限り」はどのような意味・語源・使い方ができるのか、気になりますね。この言葉を正しく使えるようにしっかりと覚えておきましょう。

「力の限り」の意味は?

「力の限り」には、次のような意味があります。この言葉を見るとどのような意味があるのか、連想しやすいかもしれませんね。

1.体力や能力などを全て出し尽くす

出典:デジタル大辞泉(小学館)「力の限り

「力の限り」は体力や能力などを全て出し尽くすということです。自らが持っている体力や能力を余すことなく、出し切ることを言います。力を抜くことなく、物事に全力で取り組む姿勢が伝わってくるでしょう。

「力の限り」の語源は?

次に「力の限り」の語源を確認しておきましょう。この言葉の語源は特に無く、言葉通りになっています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: