理科生物

「神経分泌細胞」っていったい何?普通の神経細胞じゃないの?現役講師がわかりやすく解説します!

よぉ、桜木建二だ。この記事では「神経分泌細胞」という用語について学んでいこう。

この言葉は、内分泌系について学習するときに出会うことが多い。だが、高校の生物学ではたくさんのホルモンを覚えなくてはいけない単元のため、神経分泌細胞について詳しく学ぶことは少ないだろう。脳下垂体から分泌されるホルモンに関連するので、しっかり確認しておきたい。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

神経分泌細胞とは

神経分泌細胞(しんけいぶんぴさいぼう)とは、神経細胞でありながら、ホルモン(もしくはホルモン様物質)の分泌も行う、少し変わった細胞です。

神経細胞はニューロンともいうため、神経分泌ニューロンという名称でよばれることもあります。英語ではneurosecretory cellです。

ホルモンの分泌という点は特別ですが、基本的には他の神経細胞と同じような基本構造をしており、情報を伝達する機能もあります。まずは神経細胞のつくりを簡単におさらいしましょう。

神経細胞(ニューロン)

生物の体内の神経系を構成するのが神経細胞です。私たちが暑さや寒さ、痛みなどを感じたり、思い通りに手足を動かせるのは神経のおかげ。また、何かを考えたり、覚えたりするときに動かす脳も、それ自体が神経細胞のかたまりです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

情報の伝達や処理の役割を担っているのが神経細胞からなる神経系だな。神経系についての説明は、このサイトの別の記事に詳しいものがある。そちらも参考にしてくれ。

一つ一つの神経細胞の基本構造を簡単に表したのが以下の図です。

\次のページで「視床下部の神経分泌細胞」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: