国語言葉の意味

「プロパー」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

「プロパー」の対義語は?

「プロパー」の対義語はいくつか考えられますが、ここでは「プロパー社員」の対義語と「プロパー価格」の対義語をご紹介しますね。

「非正規社員」

プロパーには「プロパー社員」という表現がありましたね。この対義語には「非正規社員」が考えられるでしょう。「非正規社員」とは「雇用者のうち正規雇用でない者」の意。雇用期間・労働時間・賃金・福利厚生面などで正社員との間に待遇の格差があることが特徴ですよね。

非正規社員という表現以外にも「契約社員・嘱託社員・出向社員」という表現もできるでしょう。「プロパー」は会社や業界によって意味が違っているので各業界や分野に応じた対義語を考えてみましょう。

「ディスカウント」

プロパー価格の対義語には「ディスカウント」が考えられるでしょう。「ディスカウント」とは「値引きすること・割引」の意。英語では「discount」です。「ディスカウントスーパー」や「ディスカウントストア」・「ディスカウントショップ」というフレーズで有名ですよね。日用品などの商品を通常価格から割引きし、薄利多売を戦略とした小売店のことですよ。ディスカウントショップではお得に買い物ができ、とても魅力的ですが買いすぎには注意したいですね。

「プロパー」の英訳は?

image by iStockphoto

カタカナ語の「プロパー」は英語でも「プロパー」なのでしょうか。一緒にチェックしましょう。

「proper」

カタカナ語の「プロパー」は英語で「proper」です。「proper」とは「適切な・ふさわしい・正確な・礼儀正しい」の意。例文1の「proper clothes」のように「ふさわしい・適切な」という意味を示しますよ。また、例文2の「proper Japanese」のように「正確な」を表すことも多いでしょう。

英語では「プロパー社員=正社員・自社社員」といった意味で使うことはないことがポイントです。日本語特有の意味ですよ。注意しましょう。

1.I bought proper clothes to wear in the office.
(私はオフィスで着るのに適した服を購入した。)

2.Recently, young Japanese people cannot speak proper Japanese.
(最近、日本の若者は正確な日本語を話すことができない。)

\次のページで「「プロパー」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: