この記事では「意気阻喪」について解説する。

端的に言えば意気阻喪の意味は「元気をなくすこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

難関高校受験専門の学習塾講師を10年経験したwhite-sugarを呼んです。一緒に「意気阻喪」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/white_sugar

文系中心に5教科オールラウンダーとして難関校専門学習塾講師を10年務めた後、引退。開成高校、筑波大学付属駒場高校を筆頭に早慶附属・系属高校など首都圏最難関クラスの高校合格者を多数輩出。

「意気阻喪」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意気阻喪」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「意気阻喪」の意味は?

「意気阻喪」は、次のような意味があります。読み方は「いきそそう」です。

意気込みや元気がくじけ弱ること。▽「阻喪」は気力がくじけ、勢いがなくなること。「阻」は「沮」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「意気阻喪」

元気がなくなり、気力が失せ、意気込みや勢いも衰えること

出典:字熟語辞典(学研)「意気阻喪」

「意気阻喪」は「意気沮喪 」という漢字を使うこともあります。「意気」は元気や意気込み、気概を意味しますが、これはご存じの方も多いでしょう。

「阻」には「はばむ、邪魔をする、遮る」といった意味があります。「喪」は「喪中」など、葬儀関連では「弔う」という意味を持ちますが、この四字熟語では「失う」という意味でとらえてください。こういうわけで、「意気阻喪」は「気概や意気込みを邪魔され、やる気を失うこと」という意味になるのです。

「意気阻喪」の使い方・例文

「意気阻喪」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「意気阻喪」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.模擬試験では安全圏だった志望校の入試で、得意科目の数学で失敗してしまった彼は、見るも気の毒なほど「意気阻喪」してしまった。
2.徹夜で仕上げた資料のデータが消えてしまったら、「意気阻喪」してしまうだろうよ。
3.憑き物(つきもの)が落ちたように「意気阻喪」する者が続出して、赤半纏(あかはんてん)たちはぞろぞろと村へ引き返しはじめた。(出典:三浦哲郎著「海の道」)

例文の1や2を見ていくと、気持ちが落ち込んでしまっている上に、悲しさも感じられてしまいますね。「意気阻喪」してしまうと、悔しさや反骨心すら起こる余裕がありません

例文3は故三浦哲郎氏の著書「海の道」からの抜粋です。物語の前半、不漁に困った人々が暴徒と化すシーンがあるのですが、騎兵隊の姿を目にするとスッと波が引いたように大人しくなります。現在インターネット通販で中古本なら入手可能です。気になる方は手に入れて見てはいかがでしょうか。

「意気阻喪」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

意気阻喪には類義語と対義語が存在しますので、いくつか確認していきましょう。

「意気消沈」

「意気阻喪」の類義語筆頭が「意気消沈」です。「意気銷沈」と表記することもありますね。意味は「元気をなくして、しょげ返ること」です。落ち込んでやる気を失ってしまう状態は、まさに「意気阻喪」の同義語と言って差し支えありません。

「垂頭喪気」

「垂頭喪気」は「すいとうそき」と読みます。読み下し分をつけると「頭(かしら)を垂(た)れ気を喪う」です。気落ちして項垂れ、やる気を失ってしまう様子が視覚的にもわかりやすそうですね。

「失望落胆」

「失望落胆」は夢や希望を失ってガッカリする様のこと。「意気阻喪」で失うのは「やる気や気概」でしたので、そこが大きく異なる点です。「落胆失望」と書く場合もあります。

\次のページで「「戦意喪失」」を解説!/

「戦意喪失」

「戦意喪失」もやる気を失う様子、という意味では類義語と呼んでいいかもしれませんね。ただ、こちらの「やる気」はあくまで「戦う」気力です。ライバルに対する闘志を失って燃え尽きてしまう様など、バトルマンガでもよく見る展開ですよね。「戦う」以外にも物事の解決に動こうとする気持ちにも使うことがあります。

青菜に塩

元気いっぱいだったのに、急にシュンとして気力を失ってしまう様子であれば「青菜に塩」も使えるでしょう。ピンと張った葉物野菜に塩を振りかけると、浸透圧で水分が排出されて萎れてしまう様に由来する言葉です。

「意気阻喪」の対義語は?

では、今度は「意気阻喪」の対義語を見ていきましょう。

「意気揚揚(意気揚々)」

「意気阻喪」の対義語としては真っ先に「意気揚々(いきようよう)」が挙げられるでしょう。「意気」の説明は既にしてあるので割愛させてくださいね。「揚々」とは得意げな様子です。得意げで威勢のいい様を表します。『史記』晏嬰伝を出典とする、とても古くからある言葉です。

「意気軒昂」

「意気軒昂(いきけんこう)」は意気揚々の同義語としてよく登場します。「軒」も「昂」も高くあがる様を表す漢字です。威勢がいい様子、元気いっぱいの様子、やる気に満ち溢れている様子を表すのによく使います。

「意気衝天」

「意気衝天」も「意気揚々」の類義語として知られています。書き下し文にすると「意気天を衝く(いきてんをつく)」です。意気込みや、やる気が非常に盛んな様子のことですね。「天を衝く」という表現方法で非常に熱気あふれる様子や強い勢いを持つ印象を与えます。

「意気阻喪」の英訳は?

image by iStockphoto

英語には「意気阻喪」に該当する単語や言い回しがあるのでしょうか。確認していきましょう。

\次のページで「「depressed」」を解説!/

「depressed」

中高生でも使える、1単語であれば「depressed」をプッシュします。「depressed」を辞書で引くと「意気消沈して」と記載されていますので、ぴったりです。一般的な感情を表す形容詞と同様、人を主語にした場合はbe動詞やfeelとセットにできます。使い方は難しくありません。

「heart sinks」

こちらも単語を見れた言いたいことが伝わりやすいでしょう。「heart sinks」つまり「心が沈む」ですね。こういう言い方、確かに日本語でもします。使う時はone's heart sinks.という形で、「誰それが意気消沈している」という意味で使いますよ。後ろにinto one's bootsと続けることもあります。

「lose heart」

「lose heart」も字面の通りに受け止めれば「心を失う」です。そこから「心が折れる、挫折する」という意味が出てきます。ただし、実はややこしい表現が英語にはあるので注意してください。

「lose one's heart to~」としてしまうと、「~に心を奪われる、~に思いを寄せる、~と恋に落ちる」という、まったく違う意味になってしまいます。こちらも「心奪われるほど夢中になる」から「心を失う」と表記するのは一応理屈が通っていますが、間違えてしまうと大変なことになりそうです。

「意気阻喪」を使いこなそう

この記事では「意気阻喪」の意味・使い方・類語などを説明しました。同義語・対義語には普段から使い慣れている四字熟語が並んでいるでしょう。ぜひそのラインナップに「意気阻喪」を加えてボキャブラリーを増やしてくださいね。

" /> 【四字熟語】「意気阻喪」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【四字熟語】「意気阻喪」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「意気阻喪」について解説する。

端的に言えば意気阻喪の意味は「元気をなくすこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

難関高校受験専門の学習塾講師を10年経験したwhite-sugarを呼んです。一緒に「意気阻喪」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/white_sugar

文系中心に5教科オールラウンダーとして難関校専門学習塾講師を10年務めた後、引退。開成高校、筑波大学付属駒場高校を筆頭に早慶附属・系属高校など首都圏最難関クラスの高校合格者を多数輩出。

「意気阻喪」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意気阻喪」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「意気阻喪」の意味は?

「意気阻喪」は、次のような意味があります。読み方は「いきそそう」です。

意気込みや元気がくじけ弱ること。▽「阻喪」は気力がくじけ、勢いがなくなること。「阻」は「沮」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「意気阻喪」

元気がなくなり、気力が失せ、意気込みや勢いも衰えること

出典:字熟語辞典(学研)「意気阻喪」

「意気阻喪」は「意気沮喪 」という漢字を使うこともあります。「意気」は元気や意気込み、気概を意味しますが、これはご存じの方も多いでしょう。

「阻」には「はばむ、邪魔をする、遮る」といった意味があります。「喪」は「喪中」など、葬儀関連では「弔う」という意味を持ちますが、この四字熟語では「失う」という意味でとらえてください。こういうわけで、「意気阻喪」は「気概や意気込みを邪魔され、やる気を失うこと」という意味になるのです。

「意気阻喪」の使い方・例文

「意気阻喪」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「意気阻喪」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: