国語言葉の意味

「琴線」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「琴線」について解説する。

端的に言えば琴線の意味は「感動すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んだ。一緒に「琴線」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

ID: ↑パーツ内本文:87文字

「琴線」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「琴線」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

「琴線」の意味は?

「琴線」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1.琴の糸
2.心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「琴線」

ID: ↑パーツ内本文:65文字

「琴線(きんせん)」とは、和楽器の“琴(こと)”で使われる糸のこと。この糸から繊細で美しい音が響く様子と、物事に心が揺れ動く様子をたとえたのが「琴線」です。“感じやすく感動して共鳴する繊細な心情”を比喩的に表しています。

おもに「琴線に触れる(きんせんにふれる)」という言い回しで使われることが多く、感動した様子などを比喩的に表現することが可能です。

いつ頃からこの言葉が使われはじめたのかは定かではありませんが、1800年代後半には比喩表現で使用されている例が存在します。

ID: ↑パーツ内本文:263文字

「琴線」の使い方・例文

「琴線」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: