国語言葉の意味

【慣用句】「旨とする」の意味や使い方は?例文や類語を言葉マニアがわかりやすく解説!

「at ○○ aim ○○ doing」

at ○○ aim ○○ doing」は分割して文章に入れると、「旨とする」という意味になる単語の集まりです。

He says, “I’m doing well as planned. My condition has now been no worse than it was at my previous eight championships. My aim is clear: I want to win my 9th-time title.”(彼は「予定通り順調に進んでいる。今は前の8回のチャンピオンシップと同じくらい状態になっている。目標は明確だ。その旨とする9度目のタイトルを獲得目指す」と語った。)

「be commitment to honesty」

be commitment to honesty」で「正直にその旨とする(伝える)」という意味の英文です。文脈の中に入っているとニュアンスで伝えることができます。

More than 100 years ago, our company founders articulated our commitment to conducting our sales and business with honesty and integrity.(100年以上前、当社の創設者は、誠実かつ誠実に販売と事業を行うということを旨とする意志を明確に示しました。

「旨とする」を使いこなそう

この記事では「旨とする」の意味・使い方・類語などを説明しました。「旨とする」とは、前提条件が必要な言葉です。お互いの理解があると、より上手に使えます。

「旨とする」は回数や頻度を増加させるべき言葉ではありません。頻繁に使えば使うほど、意志や意図が汲み取れにくくなる点は留意です。

この記事の理解を旨とするようにしてみましょう。

1 2 3
Share: