国語言葉の意味

【慣用句】「旨とする」の意味や使い方は?例文や類語を言葉マニアがわかりやすく解説!

「心掛ける」

「心掛ける」とは、発言を重く受け止め、心に留め置くという言葉です。「旨とする」は趣旨を繰り返し丁寧に受け取る言葉で、「心掛ける」は自分の心にしっかりと記憶しておくときに用いるため、若干ニュアンスが違います。

「何事にも代えがたい」

「旨とする」を「第一とする」と捉えると、この「何事にも代えがたい」は類義語です。「旨とする」に対し、重く受け止める意図がくみ取れます。ビジネスシーンでは反省を込めて、謝罪文に使うことが多いですね。

「主なものとして扱う」

「旨とする」の類義語に近い表現です。主なものとして扱うそのものに、前提事項が必要な点はよく似ています。

「旨とする」の英訳は?

image by iStockphoto

「旨とする」は英語や英会話にて、どのような表現で用いられているのかを、例文も使ってみてみましょう。

「intended for」

intended for」は直訳すると、「専門とする」の意味です。前後の文章を繋げる言葉として用います。

This hotel is Special intended for lodging.(このホテルは特別な宿泊専用を旨とする施設です。)

\次のページで「「at ○○ aim ○○ doing」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: