地学地球地質・歴史岩石・鉱物理科

示相化石とはどんな化石?示準化石との違いや見分け方について地球科学専攻卒が5分でわかりやすく解説

君は化石を手にとったことがあるかな?恐竜の化石やアンモナイトの化石は誰でも知っている有名な化石ですね。実は化石にはどの時代の生き物なのかが推定できる他に、その生き物がどんな環境で暮らしていたのかという情報も含まれているんです。その生き物が生息していた環境を推定できる化石を示相化石という。
今回は示相化石の種類や覚え方について、地学に詳しいライターオリビンと一緒に解説していきます。

ライター/オリビン

大学院では地球化学専攻だった。趣味は岩石や鉱物、化石を採集すること。人一倍化石が好きで人一倍化石に詳しい。

化石とは

恐竜やアンモナイトは現代に存在していませんが、化石という形で彼らを見たことはあると思います。化石という言葉はメディアや漫画、映画にも頻繁に出てくるため、馴染みのあるキーワードの一つですね。では、化石の定義とは具体的に何でしょうか。

化石とは大昔に生物の遺骸(いがい)が砂や泥などに埋まって何億年、何万年という長い時間をかけて地層の中に残されたものを言います。生物の遺骸だけではなく、足跡や巣穴など生物が生活していた痕跡も化石になることがあるんですよ。

化石の出来方

image by iStockphoto

普通、生物の遺骸は放っておくと腐敗して微生物に分解され、跡形もなく消えてしまいます。ではなぜ化石は何万年もの間地層の中に残っていることができるのでしょうか。

まず生物の遺骸が湖沼などの流れのない水中に沈んだとき、水底の微生物などによって肉などの柔らかい部分は食べられてなくなります。その後骨や貝殻など硬い部分が残り、時間の経過とともに砂や泥が堆積して埋もれていくのです。砂や泥に埋もれるとその中はほとんど酸素がないので微生物による分解は止まります。もっと砂などが堆積すると、骨や貝殻に含まれるカルシウムが鉱物の組成に置換されて石のように固くなるのです。さらに堆積が進むほど圧縮されて岩石のように固くなります。

遺骸が化石になった後

地球の表面はプレートの運動により大地が上昇したり(隆起)下降したり(沈降)しています。そのため、海底で化石化しても隆起によって地表に現れることがあるのです。その結果、私達は化石を見ることができます。

示相化石と示準化石

image by iStockphoto

化石は地質学的にどのような意味合いをもっているかよって示相化石と示準化石の2通りに分けることができます。示相化石はその生物がどのような環境で暮らしていたかの手がかりになる化石で、示準化石からはその生物が生息していた時代を推測することができるんです。ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

\次のページで「示準化石とは」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: