国語言葉の意味

【慣用句】「多かれ少なかれ」の意味や使い方は?例文や類語を言葉マニアライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「多かれ少なかれ」について解説する。

端的に言えば多かれ少なかれの意味は「多少」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験したコトバアソビを呼んだ。一緒に「多かれ少なかれ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/コトバアソビ

徹夜が続き多かれ少なかれ、ハイテンションになっているライター。言葉をつくるために古い言葉を研究している。多かれ少なかれ成功への道は、ただやりきることだと思っている。猫ブログが日課。

ID: ↑パーツ内本文:90文字

「多かれ少なかれ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「多かれ少なかれ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:35文字

「多かれ少なかれ」の意味は?

「多かれ少なかれ」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:25文字

1.数量や程度に多い少ないの差はあっても。
2.大なり小なり。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「多かれ少なかれ」

ID: ↑パーツ内本文:56文字

「多かれ少なかれ」とは「多い」と「少ない」のを組み合わせた言葉です。多いと少ないという対義語を併記することで、どちらでもない(両者ともに同様な)という意味を持ちます。

数量の多可は問わず、あいまいな表現をいい表す言葉です。ただあいまいな表現でも、未来形の言葉を繋げると、叶えられることの願いですね。あいまいな表現でも比較的「Yes」に近い意図です。

ID: ↑パーツ内本文:175文字

「多かれ少なかれ」の語源は?

次に「多かれ少なかれ」の語源を確認しておきましょう。語源は諸説があります。

ID: ↑パーツ内本文:37文字

「多かれ少なかれ」の言葉を分類すると、「多い」と「少ない」に分かれます。語源は江戸時代の「ばくち」です。「ちょうかはんか」と用いていた賭けごとは、たびたび幕府の規制に合っていました。「ちょうかはんか」を禁じたお触れがでたときに、では数字の多いか少ないかでやってみようといい、賭けごとを始めたことが由来です。

ただ「多いか少ないか」では規制にふれる恐れが高いため、「多かれ少なかれ」と用いて賭けごととは判別しにくい方法を編み出しました。このことからどちらでもないという使われ方をした説が有力です。

ID: ↑パーツ内本文:248文字
次のページを読む
1 2 3
Share: