国語言葉の意味

【慣用句】「おこがましい」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒の校正者兼ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「おこがましい」について解説する。

端的に言えばおこがましいの意味は「身の程をわきまえない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本文学科出身で事務職を経て現在はライター業のかたわら校正もしているjasminを呼んだ。一緒に「おこがましい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/jasmin

日本文学を専攻し事務職を経て現在は校正兼ライター。正しく美しい日本語を追求している。昔はうっかりと生意気なことを言ってしまい「おこがましい」と思われることが何度もあって冷や汗をかいたらしい。今回は「おこがましい」について説明していく。

「おこがましい」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 71942861

それでは早速「おこがましい」の意味や使い方を見ていきましょう。

「おこがましい」の意味は?

「おこがましい」には、次のような意味があります。

1.身の程をわきまえない。差し出がましい。なまいきだ。「先輩をさしおいてー・いのですが…」
2.いかにもばかばかしい。ばかげている。「世俗のそらごとを、ねんごろに信じるもー・しく」〈徒然・七三〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「おこがまし・い」

「おこがましい」は「痴がましい」とも書き、なまいきなことや身の程をわきまえていない、身分不相応な態度や言動をする様子のほか、ばかばかしいことやばかげていると呆れることの意味です。

1の意味だけでは「おこがましい」と相手に思われたり、自分から謙遜して「大変おこがましいことですが…」とことわってから話を始めたりする場合もあり、相手や自分を見下しているニュアンスを感じます。2の意味もばかばかしいと感じたりするときや、はたまた自分をへりくだって「毎度おこがましいこと…」という言い方をするなど、どちらかといえば悪口の分類になりますね。

「おこがましい」の使い方・例文

「おこがましい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: