国語言葉の意味

【慣用句】「愛の鞭」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師のWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「愛の鞭」という言葉について解説する。

端的に言えば「愛の鞭」の意味は「愛するがゆえに厳しく?りつけること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾で国語講師を4年間担当し、契約書校正業務を3年以上経験している、ミリーを呼んだ。一緒に「愛の鞭」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
mochikimiry

ライター/持木ミリー

今回の記事を担当するのは、塾講師として国語などを4年間担当し、その後契約書作成や校正に3年以上携わっている、Webライターのミリー。間違った日本語に目ざといミリーが、慣用句の意味について、分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

「愛の鞭」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「愛の鞭」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:31文字

「愛の鞭」の意味は?

「愛の鞭」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:21文字

愛するがゆえに厳しく?りつけること。その人のためを思ってする?責。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「愛の鞭」

ID: ↑パーツ内本文:55文字

「愛の鞭」の意味は、「愛するがゆえに厳しく?りつけること。その人のためを思ってする?責。」です。例えば、健全な親子関係であれば、親が子供に対して叱る時の様子を表します。「愛しているから」という理由で体罰や暴力に発展する子育ては、個人的には大反対ですが。

子供のうちに、正しい「愛の鞭」を受けていれば、「自分への優しさ・厳しさ」と「他人への優しさ・厳しさ」のバランスが、比較的取れるようになります。しかし、正しくない「愛の鞭」を受けていた場合は、例えば「自分へも他人にも極端に厳しい」ということや、「自分へ極端に厳しく、他人には強く出づらい」といった、アンバランスさを持つことになりません。子供のころに受けた扱いは、結果的に、その後の自分の扱い方や他人への接し方に影響する可能性があるということです。

ID: ↑パーツ内本文:350文字

「愛の鞭」の使い方・例文

「愛の鞭」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:48文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
mochikimiry