英訳英語

【英語】「ワイドショー」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木とわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ワイドショー」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「tabloid TV show」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んだ。一緒に「ワイドショー」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「ワイドショー」の意味と使い方は?

通常のニュースや、芸能人のゴシップなど幅広い話題を取り上げる「ワイドショー」、そのまま英語で「wide show」で通じそうですが実際はどうなのでしょうか。それでは、「ワイドショー」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「ワイドショー」の意味

辞書によると「ワイドショー」には、次のような意味があります。

芸能ニュースのほかいろいろな内容を盛り込み、司会者が進行をつとめる形式のテレビ番組。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ワイドショー」

「ワイドショー」の使い方・例文

「ワイドショー」とは「芸能ニュースのほかいろいろな内容を盛り込み、司会者が進行をつとめる形式のテレビ番組。」という意味なのですね。次に「ワイドショー」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.家族を送り出して朝のワイドショーを見ながらゆっくりする時間が好きだ。
2.芸能人の不倫問題ばかりを取り上げているワイドショーはくだらない。
3.この間ワイドショーで取り上げられた店に行列ができている。

\次のページで「「ワイドショー」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: