国語言葉の意味

「黄昏」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「黄昏」について解説する。

端的に言えば「黄昏」の意味は「夕暮れ時」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んだ。一緒に「黄昏」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な書籍を読破してきた生粋の文科系。読書量に比例する文章力で日本語を分かりやすく解説していく。

「黄昏」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「黄昏」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「黄昏」の意味は?

「黄昏」には、次のような意味があります。

1.夕方の薄暗い時。夕暮れ。
2.盛りを過ぎて終わりに近づこうとする頃。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「黄昏」

「黄昏(たそがれ)」という言葉は一日の中で少しの間だけ訪れる、貴重な時間を表現する美しい日本語。日が暮れ始めると、一日の終わりを感じて少し寂しい気持ちになりませんか?「黄昏」はそんな一日の中で最も感傷に浸る時間を表現しているため、感情的な歌詞の中に登場する機会も多いです。歌詞の中で初めて聞いて、そこから意味を調べたという人も多いのではないでしょうか。

「黄昏」は太陽が沈み始めて辺りが暗くなっていく様子を表現する言葉ですが、日本語にはこの様に太陽の動きに合わせた表現が数多くあります。この機会に是非時の流れを表現する美しい日本語を「黄昏」との使い分けと共に覚えていきましょう。

「黄昏」の語源は?

まずは「黄昏」の語源を確認しておきましょう。

「黄昏」は、太陽が沈み始めて辺りが暗くなる時間帯を表現する言葉でしたね。昔は今のように街灯もなかったので、この時間帯は今よりはるかに暗かったということは想像できると思います。従って昔の人は「黄昏時」というと家に帰ることが当たり前でしたが、暗くなっていく道を帰っていると人とすれ違っても相手が誰なのかということまでは分かりませんよね。昔は今と違って近所の人との交流も盛んだったので必ず挨拶はするわけです。そんなあいさつの場面で「誰そ彼(たれそかれ)」、今の言葉でいうと「あなたは誰?」と混乱してしまうことから、日が暮れて暗くなり始めた時間帯のことをこの「誰そ彼(たそかれ)」が濁って「たそがれ」というようになりました。

「黄昏」という漢字は当て字で、本来の読み方で読むと「こうこん」となります。

\次のページで「「黄昏」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: