国語言葉の意味

怠惰は7つの大罪の1つ?言葉の真意を類義語・対義語・英語訳とともにwebライターがわかりやすく解説!

この記事では、「怠惰」について解説する。

「怠惰」が「なまける」って意味なのは、知っている人も多いでしょう。漫画なんかでもたまに見かける言葉だしな。しかしキリスト教では「怠惰」が罪だとされているってのは知っていたか?しかもキリスト教の「怠惰」は単に「仕事をしない」ってことではないらしいのです。

今回はそんな「怠惰」の意味をいろんな角度から解説してもらう。講師は尻に火が付くまで「怠惰」を貫くライターである、ぷーやんです。それじゃあ、順にみていこうか。

ライター/ぷーやん

webライター歴6年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。夏休みの宿題も大学受験もぎりぎりまで対策をしなかった、「怠惰」のスペシャリスト。

「怠惰」の意味とは?

image by iStockphoto

「怠惰」の意味は漫画やアニメも一役買って、多くの方が知るところでしょう。しかし言葉を意のままに使うためには、理解を深めることも大切です。この記事では少し多角的に「怠惰」を解説します。

「怠惰」の読み方は?

いまさらですが、「怠惰」の読みは「たいだ」です。「怠」も「惰」もどちらも訓読みでは「おこた-る」であり、同じ意味の言葉をならべてより強調させたもの。これにより“たまたまできなかった”程度ではなく、“習慣的にやらない”という意味合いになっていますね。

辞書にみる「怠惰」

そんな「怠惰」は、辞書ではつぎのように示されています。

[名・形動]なまけてだらしないこと。また、そのさま。「―な人」

出典:デジタル大辞泉(小学館) 「怠惰」

ご存知の方には釈迦に説法かもしれませんね。次に、「怠惰」を使った例文を示します。

1.学生時代はアルバイトも部活もしない、怠惰な生活を送っていた。
2.彼には多くの仕事を振らないほうがいい。いつも納期ギリギリまで仕事を進めない怠惰な男だからな。

例文1はよく聞くもったいない話しです。私も耳が痛いばかりですが。自由な時間を有意義に使える人は、数年もすれば見違えるように変わるものです。みなさんは後悔のないようにお過ごしください。

例文2のように「怠惰」がほかの人の迷惑になることもしばしば。他人からの信頼を失わないためにも、仕事は早めにこなしていきたいものですね。

\次のページで「「怠惰」の英語訳は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: