国語言葉の意味

【慣用句】「毛が生えた」の意味や使い方は?例文や類語を元塾講師Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「毛が生えた」について解説する。
端的に言えば「毛が生えた」の意味は「ほぼ同程度」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
学習塾で国語を4年間担当し、契約書校正業務を3年以上経験している、ミリーを呼んです。一緒に「毛が生えた」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/持木ミリー

今回の記事を担当するのは、塾講師として国語などを4年間担当し、その後契約書作成や校正に3年以上携わっている、Webライターのミリー。間違った日本語に目ざといミリーが、慣用句の意味について、分かりやすく解説していく。

「毛が生えた」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「毛が生えた」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「毛が生えた」の意味は?

「毛が生えた」には、次のような意味があります。

少しは良いのかもしれないが、実質的にぜんぜん変わっていない様子、ほぼ同程度である様子などを意味する表現。

出典:実用日本語表現辞典

この言葉は「少しは良いのかもしれないが、実質的にぜんぜん変わっていない様子、ほぼ同程度である様子」を意味する慣用句です。「少しは良い」かもしれないものの、「ほぼ変化なし」という状態なので、程度を軽く見るような場面でよく使われます。

また、自身を謙遜するような場面でも使われることが多い言葉ですね。詳しくは、この後の例文で確認してみましょう!

「毛が生えた」の語源は?

次に「毛が生えた」の語源を確認しておきましょう。「毛が生えた」という言葉を、そのまま言葉通り受け取ってしまうと、何のことだか想像しにくいですよね。実は、具体的に何の毛を表しているのかということについては、明確な答えがないそうです。

ですが、毛と言っても、ふさふさ大量の毛が生えている様子ではありません。体のどこでもいいですが、数本だけちょろっと毛が生えていたところで、傍目にはあまり気づかれないものですよね。また、数本だけ毛が増えたところで、重さが変わるわけでもありません。

こういった様子から、「実質的にぜんぜん変わっていない」「ほぼ同程度」という意味を表す慣用句となりました。

\次のページで「「毛が生えた」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: