国語言葉の意味

「シビア」の意味は?「厳しい」だけじゃない?使い方・語源・類語・対義語などを元小学校教諭がわかりやすく解説

この記事では「シビア」について解説する。

端的に言えば「シビア」の意味は「非常に厳しいさま」です。日常生活やビジネスシーンでもよく使われているカタカナ語ですが、語源はラテン語にある。

小学校教諭として言葉の授業を何度もしてきた「こと」と一緒に、「シビア」の意味や使い方・類語・対義語などを見ていこう。

ライター/こと

元小学校教諭のwebライター。先生や子どもたちから「授業が分かりやすい!」との定評があった教育のプロだ。豊富な経験を活かし、どんな言葉も分かりやすく解説していく。

「シビア」の意味と使い方

image by iStockphoto

では早速「シビア」の意味と使い方を見ていきましょう。

「シビア」の意味は「非常に厳しいさま」

「シビア」の意味を辞書で確認します。

[形動]非常に厳しいさま。過酷なさま。「―な批評」「―な条件」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「シビア」

「シビア」は、容赦のない非常に厳しい状態を表した言葉です。「シビアな批評」や「シビアな条件」というように、非常に厳しい何かを形容する時に使います。「シビアな+名詞」という形で使われることが多いでしょう。日常会話やビジネスシーンなど、幅広い場面で用いられる言葉です。

「シビア」の使い方を例文で紹介

「シビア」の使い方を例文で紹介します。

1.プロバスケットボール界はシビアな世界と言われる。よい結果を残さないと、試合に出続けるのは難しい。
2.新しい経理部長はシビアな人だ。この経費は承認してもらえないかもしれない。
3.化粧品サンプルを配ってアンケート調査を実施したが、シビアな意見がたくさん寄せられた。

このように「シビア」は幅広い場面で使われる言葉です。すべて「厳しい」という言葉に置き換えられますね。より詳しく意図をつかむなら、例文1は「過酷な」、例文2は「容赦ない」、例文3は「厳しい」という意味でしょうか。それぞれのニュアンスを感じ取ることができると思います。

「シビア」の語源は?

「シビア」の語源を探っていきましょう。

「シビア」の語源はラテン語

「シビア」の語源はラテン語の「severe」と言われています。ラテン語の「severe」とは「容赦ない」や「深刻な」という意味。

では、「severe」を「se」と「vere」に分けて見てみましょう。「severe」の「se」は「離れているさま」の意。「vere」は「容赦・親切心」を示しています。「se」+「vere」=「親切心が離れているさま」。ここから派生して「容赦がないこと・厳しいさま」という意味を表すようになったと言われています。

若者言葉の「シビア」の由来

最近の若者の間で日常的に使われる「シビア」は、少し意味が異なるようです。「厳しい」ではなく、「気まずい雰囲気」という意味で使われているとか。ラテン語を語源とする本来のシビアよりも、カジュアルな印象を受けますね。「最近、友だちとシビアで…」というように使います。

「厳しい」を元にして、さらに派生された意味なのでしょう。言葉の持つ意味は時代とともに変わっていくので、看過できない流れだと思います。

「シビア」を使った言葉

image by iStockphoto

「シビア」を使った言葉にはいろいろなものがあります。見ていきましょう。

「シビアコンディション」:車にとって厳しい状況

まずは「シビアコンディション」です。これは「車にとって厳しい状況」という意味。「発進・停止を頻繁にくり返すこと」や「頻繁に低速で走行していること」などが当てはまります。「シビアコンディション」のまま運転することで、車に負荷がかかりトラブルの原因になってしまうのです。

\次のページで「「シビアアクシデント」:設計時の想定を大幅に超える事象」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: