国語言葉の意味

「ギャラクシー」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ギャラクシー」について解説する。

端的に言えばギャラクシーの意味は「銀河」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「ギャラクシー」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。スポーツの記事も作成している手前、ギャラクシーといえばカオサイとカオコーのギャラクシー兄弟、またはMLSのLAギャラクシーを連想する。

「ギャラクシー」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ギャラクシー」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ギャラクシー」の意味は?

「ギャラクシー」には、次のような意味があります。

銀河。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ギャラクシー」

辞書にはたったの1語、2つの漢字のみでした。「ギャラクシー」とは銀河のことです。日本語では天の川などとも言います。

しかし、現在「ギャラクシー」と言えば、2020年にも世界でシェア1位となった携帯電話のブランド名ではないでしょうか。韓国のサムスン電子が製造・販売している「ギャラクシー」と名の付くものは、スマートフォンの他にもタブレットやウェアラブル製品が展開されています。もちろん日本でも対応可能です。ドコモなどの販売店でも入手できますが、日本にもギャラクシーの専門店があります。スマホの画面が折りたためたり、タッチペンが付いたりと、オリジナリティあふれる機種がニュースとなっているのは見たことがありますよね。ボタンデザインへのこだわりや早くからの有機EL導入などで、Androidユーザーの中でもファンの多い機種です。

「ギャラクシー」の語源は?

次に「ギャラクシー」の語源を確認しておきましょう。ギリシャ語で「ミルク(の道)」を意味する「galaxias」が語源となります。というのも、いにしえの人々には銀河が夜空に牛乳をこぼしたように見えていました。よって、銀河には牛乳を意味する言葉が語源となっています。

次のページを読む
1 2 3
Share: