国語言葉の意味

「ワーカホリック」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ワーカホリック」について解説する。

端的に言えばワーカホリックの意味は「仕事中毒」の意味だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系の記者を10年経験したライター・にべこを呼んだ。一緒に「ワーカホリック」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

niveco

ライター/にべこ

某大手情報誌の記者を務めた元ワーカホリックライター。ビジネス用語ならおまかせ。様々なシーンで使えるカタカナ言葉を噛み砕いて説明していきます。

「ワーカホリック」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ワーカホリック」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ワーカホリック」の意味は?

「ワーカホリック」という言葉には、次のような意味があります。

・work(仕事)とalcoholic(アルコール中毒)との合成語。

・家庭や自分の健康をなおざりにしてまで、仕事をやりすぎる状態。また、その人。

・働きすぎの人。仕事中毒。1970年代に米国の作家オーツによって作られた語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ワーカホリック」

寝ても覚めてもあのプロジェクトの進行ばかり考えてしまう。週明けのプレゼンのことを考えると家族との休日が少しも楽しめない。食事だってパソコンの画面と睨めっこしながら。有給休暇を最後に取ったのはいったい何年前だろう。仕事をしていないと不安で、会社からの評価が気になる。睡眠だっておちおち取れない、職場にいるとなぜか落ち着く…。

そんな、仕事中毒の人を指すこの「ワーカホリック」という言葉。同僚や友人などあなたの周りにこういう人はいませんか?もしかしてあなた自身がそうだったり…?

「ワーカホリック」とは生活環境の全てが仕事一色であり、極度に仕事熱心で己の身を顧みず業務に邁進している人の様を指します。もともとはアルカホリック(alcoholic:アルコール依存症)をもじって生まれた言葉です。ワーカホリズムとも言われ、「働かなければいけない」というネガティブな強迫観念を持っているのがこの言葉の概念であり、定義とされています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「ワーカホリック」は実はネガティブなイメージの言葉だったんだな。さて、どのようにして生まれた言葉なのだろう?その背景と成り行きを見ていこう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
niveco