国語言葉の意味

「モラル」の意味や使い方は?例文や類語を例文や類語を文学部卒の校正者兼ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「モラル」について解説する。

端的に言えばモラルの意味は「倫理・道徳」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本文学科出身で事務職を経て現在はライター業のかたわら校正もしているjasminを呼んだ。一緒に「モラル」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/jasmin

日本文学を専攻し事務職を経て現在は校正兼ライター。正しく美しい日本語を追求している。日頃モラルは守っているほうだと思うがそもそもモラルとは何なのだろうか。今回はそんな「モラル」について説明していく。

「モラル」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 54245634

それでは早速「モラル」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「モラル」の意味は?

「モラル」には、次のような意味があります。

1.道徳、倫理。「モラルに欠ける」


出典:デジタル大辞泉(小学館)「モラル」

「モラル」《moral》は英語で道徳や倫理のことで「モラル」はラテン語の「モーレス」が起源です。「モラル」は外部から与えられる強制力ある規範のことではなく、みずからの良心や内面の命令により個人の決断によって生み出されるものだといわれています。人の行いに対する正邪の区別に関する姿勢や広い意味で人の生き方に対する考え方、精神的な態度のことともいわれていますが、この説のように私たちは外部から与えられるものに知らず知らずとらわれてしまい、自分の良心や内面からわきあがる感情を無視してしまっているときがあるのではないでしょうか。

「モラル」の語源は?

次に「モラル」の語源を確認しておきましょう。前に述べたようにラテン語の「モーレス」(mores)が語源で、習俗・風習、集団生活での掟を意味します。習俗は昔から伝わる風俗習慣やならわしのことです。社会規範の一種ですが法律ほど組織的ではなく、現代社会では主に社会的風潮によって是が非か問われる社会道徳や集団の中の礼儀作法から、国民性までさかのぼります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: