国語言葉の意味

「老婆心」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「老婆心」について解説する。

端的に言えば老婆心の意味は「必要以上の心配をすること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「老婆心」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「老婆心」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「老婆心」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

老婆心」は「ろうばしん」と読みます。日常会話やビジネスシーンでもしばしば使われている言葉ですから、しっかり覚えておくと良いですね。それでは早速「老婆心」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「老婆心」の意味は?

まず初めに「老婆心」の正確な意味を、辞書からの引用で確かめてみましょう。「老婆心」には、次のような意味があります。

1.不必要なまでに人のことについて気を遣い、世話を焼くこと。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「老婆心」

2.年とった女性が、度を越してあれこれと気を遣うこと。転じて、必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、へりくだっていう語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「老婆心」

老婆心」とは、必要以上に心配をして気を遣うと言うことです。普通は、目上の人が、目下の人を心配して気遣う時に使われます。「老婆心だけれども」と、何か忠告や注意をする際に前置きとして使うことで、「もしかしたら心配しすぎかもしれないが」と言う謙遜の気持ちを伝える事ができる言葉です。目下の人が目上の人に使うのにはふさわしくないので、注意してくださいね。

「老婆心」の語源は?

次に「老婆心」の語源を確認しておきましょう。「老婆心」はもともと「老婆心切」と言う言葉でした。「老婆心切」は仏教用語で、おばあさんが子供や孫を慈しみ愛情深く育てるように後輩や弟子を育てよ、と言う教えから生まれた言葉です。仏道で修行するものは、共に励む弟子に対して慈愛の精神で世話をするようにと教えられるのですね。このように、初めは、必要以上に世話をすると言う意味はありませんでした。それが、近代に移り変わりこの「老婆心切」の「切」が省略され、余計な心配と言うニュアンスが含まれるようになったのです。

次のページを読む
1 2 3
Share: