この記事では「従属栄養生物」というキーワードについて勉強していこう。

従属栄養生物と独立栄養生物の違いや、従属栄養生物の具体例、生態系内でのその位置づけなどを確認していく。いろいろな生物がどのように栄養を得ているのか、イメージしながら読んでほしい。

今回も、大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

従属栄養生物とは

従属栄養生物(じゅうぞくえいようせいぶつ)とは、「他の生物を食べることで有機物(炭素化合物)を摂取する生物」をいいます。従属栄養生物とは反対に、「他の生物を食べなくても生きていくことができる生物」は独立栄養生物(どくりつえいようせいぶつ)です。

\次のページで「動物以外の従属栄養生物」を解説!/

image by Study-Z編集部

私たち人間は、食事として他のさまざまな生き物を食べ、命をつないでいます。野菜や果物、肉や魚…どれも生物ですよね。

食事をしなければならないのは、自分の体の中で有機物を作り出すことができないためです。摂取した有機物をエネルギー源とすることで、私たちのからだの細胞ははたらき続けています。人間に限らず、鳥類、爬虫類、両生類などの脊椎動物や、昆虫などの無脊椎動物はいずれも、何らかの形で他の生物を”エサ”として利用しなくてはいけません。

一方、一般的な植物や藻類は葉緑体をもち、光合成をおこないます。光合成は、水と二酸化炭素から有機物をつくりだす代謝反応。他の生物を食べなくても、無機物を材料にして自らの体内で有機物を生み出すことができる、独立栄養生物なのです。

また、一部の細菌には硫化水素やアンモニア、鉄などを体内で反応させ、エネルギーを得ているものがいます。このような細菌も、無機物からエネルギーを取り出すことができる独立栄養生物です。なお、光合成によって有機物をつくる独立栄養生物を「光合成独立栄養生物」、そのほかの無機物を代謝してエネルギーを得る生物を「化学合成独立栄養生物」とよびます。

動物以外の従属栄養生物

image by iStockphoto

では、動物以外にはどんな生物が従属栄養生物に分類されるのでしょうか?

菌類(真菌類)

カビやキノコなどが含まれる菌類(真菌類)。植物と混同されてしまうことが少なくありませんが、菌類は植物とは大きく異なる生態をもった生物のグループです。

\次のページで「多くの細菌」を解説!/

みなさんは菌類が何を栄養にして命をつないでいるか、ご存じでしょうか?菌類は体外の有機物を分解し、それを細胞の表面から吸収することで有機物を得ています。特定の植物に寄生したり、生物の死がい周辺に集中して生える種もいますね。

葉緑体をもたないため、光合成もできません。菌類は立派な従属栄養生物なのです。

多くの細菌

多くの細菌類も従属栄養生物に分類され、とくに「従属栄養細菌」などとよばれることがあります。細菌と菌類(真菌類)も混同しやすいので確認しておきましょう。菌類は真核生物ですが、細菌は原核生物です。分類学上は、菌類が真核生物ドメイン、細菌が細菌ドメインという、根本的に別のグループに分けられています。

image by iStockphoto

従属栄養の細菌は、体外から栄養分を取り入れることで生命を維持しています。当たり前のことのように思えますが、一部の細菌は前述の通り化学合成などで栄養を生み出す独立栄養生物ですから、注意しましょう。

寄生植物

前述の通り、植物は光合成をおこなって有機物を作り出す、独立栄養生物の代表的な存在です。ところが、一部の植物にはほかの生物のつくりだす有機物に依存しているものがいます。寄生植物はそんな例外の一つです。特殊化した根で他の植物にとりつき、宿主の栄養を奪うことで生育します。

image by iStockphoto

すべての栄養を宿主から得て生きる全寄生植物と、炭水化物は光合成によって生み出し、一部の栄養分を宿主に依存する半寄生植物がいます。世界最大の花を咲かせることで有名なラフレシアの仲間は全寄生植物、樹木の枝にくっつくようにして育つヤドリギは半寄生植物です。日本でみられる全寄生植物には、落葉樹の森の中に生息するヤマウツボや、九州南部や小笠原諸島などでみられるスナヅルなどがあります。

腐生植物

腐生植物は、菌類と共生し、菌類が分解・吸収した栄養分をもらって生きている植物です。やはり葉緑体をもたないものがほとんどで、光合成を行いません。「菌類に寄生している」と考えれば、寄生植物の仲間ともみなせるでしょう。

\次のページで「生態ピラミッドと従属栄養生物」を解説!/

真っ白な姿で”ユウレイタケ”という別名も持つギンリョウソウや、やはり白っぽい色のシャクジョウバナ、ランの仲間であるツチアケビやマヤランなどがよく知られています。愛好家の中では、出会えるとちょっと嬉しい植物たちです。

生態ピラミッドと従属栄養生物

生態ピラミッドとは、ある生態系内の生物の量(個体数や生体量)を図示し、栄養段階の低いもの(食物連鎖で下位にいちするもの)から積み重ねた図をいいます。一般的に栄養段階の低いもの低いものは生物の量が多く、栄養段階が高くなるにつれて量が少なくなるため、ピラミッド状の形になることが多いのです。

EcologicalPyramids.jpg
Thompsma - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

生態ピラミッドにおいて、最下層を担うのが、他の生物を捕食しない植物などの独立栄養生物です。そのすぐ上には、独立栄養生物=植物などを食べる草食の動物が位置し、さらに上位にはそれらの動物を食べるものが位置します。

つまり、生態ピラミッドでは基本的に、最下層以外に位置する生物がみな従属栄養生物といえるのです。

生態系は、従属栄養生物だけでは成り立たない!

従属栄養生物は、他の生物に栄養分を依存しています。私たち人間にも当てはまりますが、自力で栄養を作り出せないということは、「餌(食事)が不足すると命が脅かされる」ということにほかなりません。

生態ピラミッドを見れば、すべての従属栄養生物も、元をたどれば生産者=独立栄養生物の存在によって成り立つことに気づきます。植物・自然・生態系を守るということは、従属栄養生物である我々自身の命を守ることにもつながるのです。

イラスト提供元:いらすとや

" /> どんな生物?「従属栄養生物」を5分で学ぼう!現役講師がわかりやすく解説します! – Study-Z
理科生態系生物

どんな生物?「従属栄養生物」を5分で学ぼう!現役講師がわかりやすく解説します!

この記事では「従属栄養生物」というキーワードについて勉強していこう。

従属栄養生物と独立栄養生物の違いや、従属栄養生物の具体例、生態系内でのその位置づけなどを確認していく。いろいろな生物がどのように栄養を得ているのか、イメージしながら読んでほしい。

今回も、大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

従属栄養生物とは

従属栄養生物(じゅうぞくえいようせいぶつ)とは、「他の生物を食べることで有機物(炭素化合物)を摂取する生物」をいいます。従属栄養生物とは反対に、「他の生物を食べなくても生きていくことができる生物」は独立栄養生物(どくりつえいようせいぶつ)です。

\次のページで「動物以外の従属栄養生物」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: