国語言葉の意味

「示唆」の意味や使い方は?例文や類語を校正者兼ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「示唆」について解説する。

端的に言えば示唆の意味は「それとなく知らせること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本文学科出身で事務職を経て現在はライター業のかたわら校正もしているjasminを呼んだ。一緒に「示唆」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/jasmin

日本文学を専攻し事務職を経て現在は校正兼ライター。正しく美しい日本語を追求している。過去にいろいろな人から「示唆」を受けてきたが、後になってそのありがたみに気づくことが多いらしい。今回はそんな「示唆」について説明していく。

「示唆」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「示唆」の意味や使い方を見ていきましょう。

「示唆」の意味は?

「示唆」には、次のような意味があります。

1.《「じさ」とも》それとなく知らせること。ほのめかすこと。「ーに富む談話」「法改正の可能性をーする」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「し-さ」

ものごとを他のものごとによってそれとなく相手に知らせることです。本質を分かりやすくストレートに伝えるのではなく、本当に伝えたい何かを別のものごとにこめて相手に知らせるといったときに使います。

軽いものごとよりは重要かつ意味のあることをあえて口に出さずとも、相手の心に刺さるような重みのある言葉を伝えたい、反対の立場からはそう感じたということですね。言葉をはぐらかすや濁すと同じように、はっきりと伝えないといった意味ですが相手の感じ方しだいで悪意がこもったネガティブなニュアンスにもなります。

「示唆」の使い方・例文

「示唆」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: