国語言葉の意味

「タイト」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「タイト」について解説する。

端的に言えばタイトの意味は「ぴったりしているさま」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「タイト」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「タイト」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「タイト」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「タイト」の意味は?

「タイト」には、次のような意味があります。辞典などで正確な内容を確認しましょう。

1.きついこと・かたくしっかりしていること・ぴったりと密着していること
2.商品の需要供給の関係が逼迫(ひっぱく)していること・品薄なこと
3.タイトスカートの略

出典:デジタル大辞泉(小学館)「タイト」

あなたはスケージュールがパンパンで猫の手も借りたい状況を経験したことはありますでしょうか。「タイト」はこのような「タイトなスケジュール」という表現でおなじみですね。

この言葉には「ビジネス」と「ファッション」の2つの分野での意味がありますよ。「ビジネス分野」では「スケジュールや予算が厳しい状況にあること」・「需要に対して供給が追い付いていないさま・余裕がないこと・品薄な様子」を意味しますよ。

一方、「ファッション分野」では「タイトスカート」・「タイトなスーツ」・「タイトなデザイン」・「タイトなシルエット」のように「ピッタリとした・細め」という意味で使われますよ。2つの意味をしっかりおさえましょう。

「タイト」の使い方・例文

「タイト」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この用語は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「タイト」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: