国語言葉の意味

【慣用句】「かたじけない」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「かたじけない」について解説する。

端的に言えばかたじけないの意味は「ありがたい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「かたじけない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「かたじけない」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「かたじけない」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69038526

「かたじけない」は、現代において会話の中で使われることはほとんどありませんが、誰もが耳にしたことがある言葉でしょう。時代劇や歴史小説で良く使われていますね。それでは早速「かたじけない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「かたじけない」の意味は?

まず初めに、「かたじけない」の正確な意味を、辞書からの引用で確かめてみましょう。

1.もったいない。恐れ多い。

2.身に受けた恩恵などに対して、感謝の念でいっぱいであるさま。身にすぎて、ありがたい。

3.恥ずかしい。面目ない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「かたじけない」

「かたじけない」は簡単に言えば、ありがたい、と言う意味ですが、辞書からの引用で確認したように大きく3つの意味合いがあります。ひとつずつ説明していきましょう。まず、1のもったいない、畏れ多い、は謙遜しながらお礼を述べたいときに使われます。そして2は、とてもありがたく思うという事で、心からの深い謝意を表す使い方です。最後の3は、恥ずかしい、面目ない、と言う意味で、何か失敗をした時に謝る意味合いとして良く使われます。

「かたじけない」の語源は?

次に「かたじけない」の語源を確認しておきましょう。「かたじけない」は主に平安時代から江戸時代に使われていました。時代劇などで武士などが「かたじけない」と言う場面が良くありますね。そして、「かたじけない」は漢字で書くと「忝い」もしくは「辱い」と書きます。「忝」は、もったいない、畏れ多い、と言う意味を、「辱」は、はずかしいと言う意味を持った漢字です。どちらも、もったいないほどありがたく恐縮する気持ちを表すために「かたじけない」に用いられた漢字ですが、ほとんどの場合漢字で表記することはなく、ひらがなで書かれるのが普通でしょう。

また、「かたじけない」の元となった「かたじけなし」は、「有難し(ありがたし)」の「難し(かたし)」が変化して「難し気なし(かたしけなし)」となったものだと考えられています。

「かたじけない」の由来には、もう一つ説があり、容貌が醜い、と言う意味が転じて、恐縮し畏れ多いと言う意味に転じたと言う考えです。これは、醜い→恥じる→畏れ多い、と変化したと言う説で、古文の一節に「かたじけなし」を使って容貌が悪いことを表現している一文があることから、このような推察が生まれました。

現在、「かたじけない」の語源はまだ明確になっていません。今回は、主な二つの説について説明をしてみましたが、どちらも興味深いですね。

 

次のページを読む
1 2 3 4
Share: