国語言葉の意味

【慣用句】「三つ子の魂百まで」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「三つ子の魂百まで」について解説する。

端的に言えば三つ子の魂百までの意味は「幼いころの性格は年をとっても変わらない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに「三つ子の魂百まで」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

自身が子育てしたときは、「三つ子の魂百まで」など意識している暇もなくあっという間に時間が流れていった印象らしい。どんな意味があるのか、またよくある誤用例なども併せて解説してもらう。

「三つ子の魂百まで」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「三つ子の魂百まで」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「三つ子の魂百まで」の意味は?

「三つ子の魂百まで」には、次のような意味があります。

幼いころの性格は、年をとっても変わらないということ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

小さい子どもでも、活発だったり引っ込み思案だったりと性格はいろいろ。幼少期に見られるそうした気質は、大人になっても変わらないものだ、という意味の言葉です。

ここでいう「三つ子」は、「双子、三つ子」というときの三つ子ではありませんので気をつけましょう。元の意味は「3歳児」ということで、転じて幼い子供全体を指して使われています。同様に「百まで」ももちろん「100歳まで」という意味ではなく、「大人になっても、いつまでも」程度の意味です。

このように慣用句に登場する数字は、表す数そのものにとらわれすぎずにざっくりと意味を捉えるほうがふさわしいことがよくありますよ。十人十色、五十歩百歩などもその例といえますね。

「三つ子の魂百まで」の語源は?

次に「三つ子の魂百まで」の語源を考えてみます。

一般にいわれているのは、かの有名な源氏物語の一節がもとになっているという説。具体的には、書や碁に生まれつき秀でた人がいるものだ、といった内容の記述をもとに「三つ子の魂百まで」といわれるようになったというものです。

ただ、言葉として「三つ子」「幼い子」と出てくるわけでもなければ、「大人になっても変わらない」のような意味のことも含まれていないので、語源と言い切るには無理があるような気もしてしまいます。

筆者の私見としては、単純に小さいころを「三つ子」、「大人」を「百」と置き換えて言い表す方法が定着しただけではないかと思うのですが、皆さんはどう考えるでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: