国語言葉の意味

「ブッキング」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ブッキング」について解説する。

端的に言えばブッキングの意味は「予約する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つeastflowerを呼んだ。一緒に「ブッキング」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター、eastflower。「ブッキング」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「ブッキング」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ブッキング」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ブッキング」の意味は?

「ブッキング」には、次のような意味があります。まずは辞書の意味から見ていきましょう。

1. 芸能人の興行、出演契約。また、映画の配給契約。
2. 帳簿をつけること。
3. 乗り物の座席、ホテルの部屋などの予約。

出典:日本国語大辞典(精選版)「ブッキング」 

国語辞典で説明されている通り、「ブッキング」は、主に3つの意味で使われます。

1番目に示されているように「ブッキング」は、芸能界関係の業界人たちにもよく使われる言葉ですね。具体的に言うと、「芸能事務所」「劇場関係者」「イベント会社」「テレビ・ラジオ会社」では、「出演契約をした場合」や「コンサート場を確保した際」などに「ブッキングした」と言って、スケジュールを埋めていくのです。

2番目に示されている通り、「ブッキング」は帳簿をつけるという意味でも使われることがあります。英語圏でも「ブッキングする」は「記入する」「記録する」するという意味でも広く使われているのです。

3番目のように「予約する」という意味でもよく使われます。特に旅行業界ホテル業界航空業界で、「ブッキング」と言えば、ほとんどの場合が「予約する」という意味で使われるのです。これは日本に限ったことではなく、このような業界では予約しようとする際には、「ブッキングする」「ブックする」というのですね。

「ブッキング」の語源は?

英語の「booking」が日本の特定の業界では広く使われるようになり、今や日本語でも通じるようになった「ブッキング」という用語ですが、英語の「booking」の原形は、「book」。カタカナに直すと「ブック」で、一般的には「本」という意味ですよね。

「ブック」に「ing」(アイエヌジー)がついているところからもわかるように「ブック」は、名詞以外に動詞としても使われることばなのです。<名詞からいうと「ブック」(book)には、「本」という意味の他に「帳簿」(ちょうぼ)、「記帳」、「約束」、「予約」や「記入」の意味でも使われ、動詞では、「書き残す」、「予約する」、「記帳する」、「書き残す」という意味で使われています。

どうして「ブッキング」や「ブック」がこのような意味を持つようになったかというと、「ブック」には、もともと「ブナの木」という意味があり、古代の人たちはこのブナの木に文字を書き残していたため、「ブック」がこれらのさまざまな意味を持つようになったのだと考えられているそうです。

\次のページで「「ブッキング」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: