この記事では「ベトベト」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「sticky」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「ベトベト」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「ベトベト」の意味と使い方は?

「ベトベト」という言葉は日常的によく使われる擬態語のうちの一つです。小さい子供がキャンディを食べると口の周りがベトベトになっていたりしますね。英語でも同様の表現はあるのでしょうか。それでは、「ベトベト」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「ベトベト」の意味

辞書によると「ベトベト」には、次のような意味があります。

物が粘りつくさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ベトベト」

「ベトベト」の使い方・例文

「ベトベト」は「物が粘りつくさま」という意味でした。次に「ベトベト」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.風邪をひいて風呂に入っていないので髪がベトベトだ。
2.今日は暑いので、食べていたアイスがすぐに溶けて手がベトベトになった。
3.このボディクリームはさらっとしていてベトベトしないので好きだ。

\次のページで「「ベトベト」の英語での表現は?」を解説!/

「ベトベト」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「ベトベト」の英語表現

「ベトベト」は英語では「sticky」で表現ができます。「sticky」は「べとつく」「粘着する」という意味の形容詞です。ベトベト、ネバネバとした物を表す時に使われます。

例文で使い方を確認しましょう。

1.Don’t touch the window with your sticky hands. I just cleaned it.
ベトベトの手で窓を触らないで。掃除したばっかりなんだから。

2.I really like cotton candy but it makes my face really sticky after eating.
綿あめが大好きだけど食べた後に顔がベトベトになる。

3.Once I went outside, I felt my body’s becoming sticky from sweat.
外に出るとすぐに体が汗でベトベトになるのを感じた。

似た表現「gooey」「gluey」「clingy」

「gooey」「gluey」「clingy」といった語でも似たような意味を表現することができます。

「gooey」「ベトベトした」「ベタベタした」という意味で、食べ物に対して使われることの多い語です。柔らかくしっとりとしたマシュマロのような質感をイメージしてください。(例文1)「gluey」「ベトベトした」「粘着質の」という意味の形容詞です。日本でも接着剤のことを「グルー」と言うので覚えやすいですね。(例文2)

他にも「粘着する」という意味で使われる語には「clingy」があります。「clingy」は「粘着質のある」「粘りつく」「くっついてくる」という意味の形容詞です。物に対しても使われますが、人に対して使われる場合は必要以上にまとわりついてくる人、というようなニュアンスを含みます。(例文3)

1.Something gooey is sticking to my jacket and it doesn't come off.
上着に何かベトベトしたものが付いていて取れない。

2.I tried to take the old sticker off and it ended up making a gluey mess.
古いシールをはがそうとして、結局ベトベトして汚くなった。

3.It's uncomfortable that clothes get clingy because of static electricity.
静電気で洋服がくっついてくるのは不快だ。

\次のページで「「ベトベト」を英語で言ってみよう」を解説!/

「ベトベト」を英語で言ってみよう

この記事では「ベトベト」の意味・使い方・英訳を説明しました。「ベトベト」という言葉は気候や食べ物についてなど、日常的に使う機会の多い語です。ここで紹介した英訳を覚えて、英会話にもぜひ取り入れてみてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「ベトベト」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – Study-Z
英訳英語

【英語】「ベトベト」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「ベトベト」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「sticky」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「ベトベト」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「ベトベト」の意味と使い方は?

「ベトベト」という言葉は日常的によく使われる擬態語のうちの一つです。小さい子供がキャンディを食べると口の周りがベトベトになっていたりしますね。英語でも同様の表現はあるのでしょうか。それでは、「ベトベト」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「ベトベト」の意味

辞書によると「ベトベト」には、次のような意味があります。

物が粘りつくさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ベトベト」

「ベトベト」の使い方・例文

「ベトベト」は「物が粘りつくさま」という意味でした。次に「ベトベト」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.風邪をひいて風呂に入っていないので髪がベトベトだ。
2.今日は暑いので、食べていたアイスがすぐに溶けて手がベトベトになった。
3.このボディクリームはさらっとしていてベトベトしないので好きだ。

\次のページで「「ベトベト」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: