地学地球地質・歴史岩石・鉱物理科

断層と地震にはどんな関係があるの?活断層などについても地球科学専攻卒が5分でわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。突然だが、日本では1年で何回くらい地震が起きているか知っているか?
その年によってかなりばらつきはあるが、多い年で震度1以上の地震が50000回以上、少なくても1000回近く起きているんだ。この地震ととても深い関係にあるのが今回のテーマである「断層」だ。断層は地震が起きてもニュースではあまり報じられないから聞き慣れていない人も多いんじゃないか?
今回は断層について、地学に詳しいライターオリビンと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/オリビン

大学院を地球科学専攻で卒業した地学大好き人間。岩石鉱物採集が趣味なので、家中に岩石が転がっている。

地球の構造

image by iStockphoto

日本は世界の中で地震の回数がかなり多い国です。また、多いだけではなく大地震による震災も多い国でもあります。では、なぜ日本ではこれほどまでに地震が多いのでしょうか?

地球は中心から内核・外核・マントル・地殻の4つの層で構成されているんですよ。マントルの上部は液体をしており、その上を固体である地殻が数枚のプレートとして滑るようにして動いているのです。プレートは全部で14~15枚あります。このプレートは海嶺と呼ばれる場所で生み出され、海溝へ沈んでいくように動いているんですよ。しかし、場所によってはプレート同士がぶつかり合っていたり、プレートの下に違うプレートが沈み込んでいたりとプレート同士が複雑に絡み合っています。

断層のでき方

プレートとプレートがぶつかり合ったり、プレートの下に違うプレートが沈み込もうとすると、プレートとプレートの境界には段々と歪が蓄積していきます。この歪に耐えきれなくなってプレートの一部が破壊されてできるのが断層です。

断層の見つけ方

断層の見つけ方

image by Study-Z編集部

断層は意外と簡単に見つけることができます。まず国土地理院が出している地形図や航空写真を用意しましょう。断層は上下方向の変位だと思われがちですが、地表からだと横方向にも変位を受けているため、地形図の中から山や川が横ずれしている場所を見つけるのです。地形図は近くの本屋さんに売られており、航空写真はネットで閲覧できます。気になる場所をマップで検索してみましょう。

地震が起きるメカニズム

プレートが歪に耐えきれなくなり断層ができると、その衝撃波が振動となって周りに伝搬します。この振動が地震です。

地震が発生したポイントを震源地、震源地の真上を震央、地震を観測したポイントを観測地と呼びます。地震を起こしたエネルギーの大きさをマグニチュードと呼び、記号でMと書くんですよ。観測地で観測された揺れの強さを震度といい、震度1~7まで設定されています。

断層の種類ー逆断層ー

image by iStockphoto

地震の原因となっている断層ですが、どのような力が加わることでできたかで大きく2種類に分けることができます。プレートとプレートがぶつかり合っているような場所では、プレートの境界に向かって力が働きますよね(圧縮応力)。このように押し付け合う力によってできた断層を逆断層と呼びます。このとき、破断した面に対して片方が斜め下側へ、もう片方は先程のプレートにのし上がるような形になるのです。

\次のページで「断層の種類ー正断層ー」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: