この記事では「見猿聞か猿言わ猿」について解説する。

端的に言えば見猿聞か猿言わ猿の意味は「余計なことは言わないべきだし聞かないべきだし言わないべきであること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んです。一緒に「見猿聞か猿言わ猿」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「見猿聞か猿言わ猿」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「見猿聞か猿言わ猿」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「見猿聞か猿言わ猿」の意味は?

「見猿聞か猿言わ猿」には、次のような意味があります。

・両手でそれぞれ、両目・両耳・口をふさいだ3匹の猿の像。余計なことは見ない、聞かない、言わない、ということを表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「見猿聞か猿言わ猿」

三猿(さんえん)とも称される「見猿聞か猿言わ猿」。「見る」「言う」「聞く」という3つの表現を否定する「ざる」という表現と、猿を駄洒落的に掛け合わせた慣用句です。その元となる3匹の猿たちはそれぞれ目と口と耳を両手で隠しています。

人生において行動することが良い選択に転じる場合もありますが、ともすれば余計な行動が悪い選択へとつながってしまうことも多々あるのです。そのような状況を前にして余計なことは「見るな」「言うな」「聞くな」と言っているのが、この慣用句になります。

「見猿聞か猿言わ猿」の語源は?

次に「見猿聞か猿言わ猿」の語源を確認しておきましょう。「見猿聞か猿言わ猿」は孔子の論語が語源だと言われています。実は現在は三猿として定着しているこの表現ですが、論語の中では四猿として表されているのです。

論語には「礼儀に背くようなことには注目するべきでない、耳を傾けるべきでない、言うべきでない、するべきでない」という教えがあります。ではなぜ三猿に落ち着いたのでしょう。実はこの「するべきでない」を表している猿は股間を隠しています。つまり、性的な意味で「するべきでない」を表しているんですね。また、4という数字が死を連想させることも理由のひとつです。

そのような理由から三猿へとあらためられた「見猿聞か猿言わ猿」ですが、日本では日光東照宮の厩舎に彫られています。「眠り猫」「象」と並んで日光三代彫刻と称されるようです。日本では古来より厩舎の悪魔祓いの儀式で猿まわしが行われるなど、猿は馬を守護すると考えられていました。また、馬も猿が横にいると安心するという習性があり、それも影響しているのでしょう。

\次のページで「「見猿聞か猿言わ猿」の使い方・例文」を解説!/

「見猿聞か猿言わ猿」の使い方・例文

「見猿聞か猿言わ猿」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・噂話が大好きで、常にそういう話をしていたために周囲からの評判が落ちていたようだ。見猿聞か猿言わ猿とはよく言ったものだ。

「見猿聞か猿言わ猿」は、戒め的な意味合いで使われることがほとんどです。例文を見ていただきましょう。

噂話がおもしろいことは確かですが、傾注しすぎると危険です。良い噂ならとくに自分に悪影響はないでしょうが、あっちに行っては悪口を言い、そっちへ行っては別の人の悪口を吹聴していたならば跳ね返りがあるのは自明の理。それを「見猿聞か猿言わ猿」に当てはめて言うならば、「聞かざる」と「言わざる」に当てはまりますよね。

ただ、これは「見ざる」には当てはまっていません。しかし、それでも「見猿聞か猿言わ猿」を使用することができます。流石にひとつの用件しか満たしていない場合にこの慣用句を使うのは強引な感はありますが、ふたつ以上当てはまっている際には使えると見るのが妥当と言えるでしょう。

「見猿聞か猿言わ猿」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「見猿聞か猿言わ猿」は余計なことを見たり聞いたり言ったりするべきでないという戒めの用語だと解説してきました。では、それと似たような意味を持つ言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

「藪を突いて蛇を出す」

読み方は「やぶをつついてへびをだす」。

草が生い茂っている場所である藪。それを下手に突いてしまったが故に、蛇という危ない生き物が飛び出してきてしまうことから転じて余計なことをするべきでないとするこの表現。「藪蛇」と略することもあるようです。

\次のページで「「火に油を注ぐ」」を解説!/

「火に油を注ぐ」

火が燃えているところに油を投入したらどうなるでしょう。そうです、さらに大きな炎となって燃え盛るのです。そのような様から転じて、ある状況に対して余計なことをしてさらに事態を大事にすることを表しています。

厳密には悪い状況にのみ使われる訳ではないこの用語。しかし、多くの場合悪いことに対して余計なことをして悪化させるような意味合いで使われます。「彼の余計な一言は、さらなる彼女の怒りを買う、火に油を注ぐような結果になった」などですね。

ただ、「見猿聞か猿言わ猿」は普段の生活における注言のような意味合いですが、こちらの表現は既に何かが起こっている際に使用されるという違いがあります。

「見猿聞か猿言わ猿」の対義語は?

では反対に、「見猿聞か猿言わ猿」はどのような意味を持つ言葉になるのでしょうか。三猿は余計なことを戒める意味合いを持っていたので、その反対ともなれば、行動することの大切さを表す表現ということになるでしょう。

「打たぬ鐘は鳴らぬ」

鐘(かね)は、新年に突かれる除夜の鐘を代表するように、叩くことで「ゴーン」と大きな音を鳴らす道具です。しかし、その鐘であれどもただ放置して置いておくだけではうんともすんとも言いません。鐘は人が鳴らすことで初めて音を出すのです。

そのことから、行動がなければ結果は生まれないということを表す慣用句としてこの言葉が用いられます。また、少し変化して「打たない鐘は鳴らない」と言われることもあるようですね。

「猿」を使った慣用句

image by iStockphoto

今回は「見猿聞か猿言わ猿」を起点に、さまざまな単語を扱ってきました。最後に、その猿に因んだ慣用句をご紹介したいと思います。

「犬猿の仲」

犬と猿はとても仲が悪い動物です。なぜそう言われているのか、その出自は干支が決まるときの話にまで遡ります。

犬と猿は元々とても仲のよい動物だったらしいのです。しかし、途中の丸太橋を渡る際に闘争心から仲違いしてしまいました。それを仲裁したのが鳥であったため、干支でも鳥がこの2匹の間に挟まれている、という訳です。

そのような経緯から不仲になってしまった二匹。今では動物のみならず、仲が悪いふたりを表す慣用句として使われてしまっています。

「猿も木から落ちる」

こちらも有名なことわざですね。猿はとても木を器用に登る動物です。猿カニ合戦でもその登る力を生かしてカニをいじめていた訳ですから。そのような猿でも時にはうまく登れず、木から落下してしまうことがある。

つまり、どれだけ得意なことでも、得意な人でも失敗はつきものだということを表しているんですね。

\次のページで「「見猿聞か猿言わ猿」を使いこなそう」を解説!/

「見猿聞か猿言わ猿」を使いこなそう

この記事では「見猿聞か猿言わ猿」の意味・使い方・類語などを説明しました。ここで単語について学ぶことも大事ですが、もし機会があったら日光東照宮まで実物をみに行ってはいかがでしょうか。

" /> 【慣用句】「見猿聞か猿言わ猿」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「見猿聞か猿言わ猿」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「見猿聞か猿言わ猿」について解説する。

端的に言えば見猿聞か猿言わ猿の意味は「余計なことは言わないべきだし聞かないべきだし言わないべきであること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んです。一緒に「見猿聞か猿言わ猿」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「見猿聞か猿言わ猿」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「見猿聞か猿言わ猿」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「見猿聞か猿言わ猿」の意味は?

「見猿聞か猿言わ猿」には、次のような意味があります。

・両手でそれぞれ、両目・両耳・口をふさいだ3匹の猿の像。余計なことは見ない、聞かない、言わない、ということを表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「見猿聞か猿言わ猿」

三猿(さんえん)とも称される「見猿聞か猿言わ猿」。「見る」「言う」「聞く」という3つの表現を否定する「ざる」という表現と、猿を駄洒落的に掛け合わせた慣用句です。その元となる3匹の猿たちはそれぞれ目と口と耳を両手で隠しています。

人生において行動することが良い選択に転じる場合もありますが、ともすれば余計な行動が悪い選択へとつながってしまうことも多々あるのです。そのような状況を前にして余計なことは「見るな」「言うな」「聞くな」と言っているのが、この慣用句になります。

「見猿聞か猿言わ猿」の語源は?

次に「見猿聞か猿言わ猿」の語源を確認しておきましょう。「見猿聞か猿言わ猿」は孔子の論語が語源だと言われています。実は現在は三猿として定着しているこの表現ですが、論語の中では四猿として表されているのです。

論語には「礼儀に背くようなことには注目するべきでない、耳を傾けるべきでない、言うべきでない、するべきでない」という教えがあります。ではなぜ三猿に落ち着いたのでしょう。実はこの「するべきでない」を表している猿は股間を隠しています。つまり、性的な意味で「するべきでない」を表しているんですね。また、4という数字が死を連想させることも理由のひとつです。

そのような理由から三猿へとあらためられた「見猿聞か猿言わ猿」ですが、日本では日光東照宮の厩舎に彫られています。「眠り猫」「象」と並んで日光三代彫刻と称されるようです。日本では古来より厩舎の悪魔祓いの儀式で猿まわしが行われるなど、猿は馬を守護すると考えられていました。また、馬も猿が横にいると安心するという習性があり、それも影響しているのでしょう。

\次のページで「「見猿聞か猿言わ猿」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: