国語言葉の意味

「プライオリティ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「プライオリティ」について解説する。

端的に言えばプライオリティの意味は「優先順位」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「プライオリティ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「プライオリティ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

ビジネスでよく使われる「プライオリティ」という言葉。その意味、知っているでしょうか。

ビジネスの場面では、なかなか言葉の意味は聞きにくいものです。そこで今回は、「プライオリティ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「プライオリティ」の意味は?

「プライオリティ」には、次のような意味があります。

1.優先順位。優先順。また、優先権。先取権。

出典:goo辞書「プライオリティー」

goo辞書には、「プライオリティー」と記載されていました。一般的には、「プライオリティ」と表記する事が多いかもしれません。「プライオリティ」とは、優先順位という意味です。「先取権」という意味も持っています。

ビジネスシーンでよく用いられる言葉で、日本語では「優先順位」と訳せる訳です。具体的な使い方については、後述します。

「プライオリティ」の語源は?

次に「プライオリティ」の語源を確認しておきましょう。

「プライオリティ」は、もともと「priority」という英単語からきています。「priority」とは、『優先する・先の』という意味を持つ「prior」と、抽象名詞につく語尾「ity」が組み合わさってできた単語です。

また、「prior」は、『より良い・前の』という意味があります。これは、『前の』という意味の「pri」と、『もっと』という意味を持つ「ior」の組み合わせです。もともとは、『前の』という意味の「per」が語源と言われています。

「プライオリティ」の使い方・例文

「プライオリティ」には、主に3つの使い方があります。

1.プライオリティがある
2.プライオリティが高い
3.プライオリティを置く

「プライオリティ」の使い方を、例文を使って具体的に見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「プライオリティ」の類義語と対義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: