国語言葉の意味

【慣用句】「面倒をかける」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「面倒をかける」の使い方・例文

それでは「面倒をかける」の使い方を、実際の例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.チームの仲間に面倒をかけたくないので、怪我の事は黙っていた。
2.保護者様方にはご面倒をおかけしますが、運動会の運営のお手伝いをお願いいたします。
3.就職先の紹介でうちの息子がすっかり面倒をかけてしまったので、ぜひお礼をさせてほしい。

例文1の「面倒をかける」は、人をわずらわせてしまう、と言う意味ですね。例文2は、これから手数をかけてしまうと思われる場合に、あらかじめ挨拶や前置きをする時の使い方です。このように敬語にすることで、より丁寧にお願いができるでしょう。最後の例文3の「面倒をかけた」は、世話になった、と言うニュアンスが含まれています

「面倒をかける」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「面倒をかける」の類義語には「手間を取らせる」や「骨を折らせる」があります。

「手間を取らせる」

手間を取らせる」は(てまをとらせる)と読みます。「手間」とは、そのことをするのに費やされる時間や労力を言い、つまり「手間を取らせる」は、相手に時間や労力を使わせた、と言う意味です。この言葉も、丁寧にお礼を言ったり、前置きするのによく使う言葉です

ここで、「手間を取らせる」と混同しやすい「手間をかける」について、少しお話ししますね。良くある間違いで、人に面倒をかけた際に「お手間をかけました」と言ってしまうことがあります。「手間をかける」は自分が時間や労力を費やした場合に使うので、相手に労力を使わせた場合には「手間を取らせる」が正しい表現なのです。注意してくださいね。

では、「手間を取らせる」の使い方も、実際の例文で確かめてみましょう。

\次のページで「「骨を折らせる」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: