国語言葉の意味

「自己憐憫」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「自己憐憫」の使い方・例文

「自己憐憫」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:49文字

1.依存心が強いから自己憐憫に陥る。
2.ストレスが溜まっている場合は自己憐憫になりやすい。
3.自己憐憫の特徴は自分を他人よりも特別な存在だと思っていることだ。

ID: ↑パーツ内本文:79文字

例文1は「自己憐憫」になる原因について述べています。自分自身が悪いわけではなく、依存している環境のせいで自分に不幸が訪れたと思っている可能性が高いのです。「自己憐憫」を克服するには周りの環境への依存心を改善させましょう!

例文2も「自己憐憫」の原因について述べています。「自己憐憫」になる理由は何も依存心だけではありません。人間関係によるストレスや相手からの心ない言葉に傷ついた結果として「自分自身を可哀想だ」思ってしまうのです。

例文3は「自己憐憫」に陥る人の特徴を示しています。「自己憐憫」を感じている人は「自分は特別だ」というナルシストな意味合いを持っていることが多いです。「自己憐憫」は自分を守る手段でもありますが、度が過ぎると被害妄想が強くなり中々抜け出せなくなりますので注意しましょう!

ID: ↑パーツ内本文:351文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ストレスの多い現在の社会では、誰でも一度は「自己憐憫」になってしまったことがあるんじゃないか?「自己憐憫」になってしまうと無意識のうちに自分の不幸を周りの人間や社会のせいしてしまうらしい。他者の気持ちを思いやれなくなっちまうんだな。

もちろん、個人の性格や思考の癖もあるだろう。だが、「自分だけが不幸なわけじゃない」と思い直して一度周りをよく見てみろ。何か違った変化に気づくかもしれんぞ。

 

ID: ↑パーツ内本文:203文字

「自己憐憫」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それでは、「自己憐憫」の類義語について見ていきましょう。似ている部分もありますが、少し異なる部分もあり興味深いですよ。

ID: ↑パーツ内本文:59文字

「自己嫌悪」

「自己憐憫」の類義語として最初にご紹介するのは「自己嫌悪」です。読み方は「じこけんお」になります。この言葉は知っている人も多いのではないでしょうか?

意味は「自分自身が嫌になり、疎ましく思うこと」です。自分を悪く思うことに関しては「自己憐憫」と似ていますね。しかし、「自己嫌悪」は自分を不幸だと嘆き悲しむのではなく、自分を責めて嫌いになる意味合いが強いです。この部分が「自己憐憫」とは異なりますね。

ID: ↑パーツ内本文:200文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: