国語言葉の意味

「ワークショップ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「ワークショップ」の英訳は?

image by iStockphoto

「ワークショップ」は、英語の「work shop」という単語がもとになっています。そのため、「work shop」で伝える事ができますよ。

「work shop」

「work shop」は、以下のような意味があります。

1.(製作・修理などをする)仕事場,作業場.
2.《主に米国で用いられる》 研究集会,ワークショップ 《参加者に自主的に活動させる方式の講習会》.

出典:weblio辞典「workshop」

英語でも、日本語の「ワークショップ」とほとんど同じ意味で使える言葉です。ただ、英語の方が広い意味で使われる事が多く、「セミナー」や「研修会」なども「work shop」に含まれます。作業がある場合だけでなく、質疑応答のある講義も「work shop」と言えますよ。

「ワークショップ」を使いこなそう

この記事では「ワークショップ」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「ワークショップ」は、最近さまざまな分野で行われる事が多くなってきました。実際に参加者で作業をするため、主体性を持って参加できます。座って聞いているだけではわからない事も、実際に体験する事でスキルを磨けるでしょう。

1 2 3
Share: