国語言葉の意味

【慣用句】「辛辣」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「辛辣」について解説する。

端的に言えば辛辣の意味は「きわめて厳しいこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「辛辣」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「辛辣」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「辛辣」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「辛辣」(しんらつ)と読みます。実際の会話の中でもしばしば使われる言葉ですね。それでは早速「辛辣」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「辛辣」の意味は?

まず初めに「辛辣」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「辛辣」には次のような意味があります。

1.ものの言い方・批評が手厳しくて、相手に強い刺激(反響)を与える様子。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「辛辣」

2.言うことや他に与える批評の、きわめて手きびしいさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「辛辣」

「辛辣」とは相手に対しての言葉や態度がとても厳しい様子を表します。言葉が厳しいと言っても批評や意見に対して使われ、たんに悪口や中傷と言う意味ではありませんので注意してくださいね。「辛辣」は相手を非難すると言うよりも、忠告や批判をする時に用いられることが多いでしょう。

「辛辣」の語源は?

次に「辛辣」の語源を確認しておきましょう。「辛辣」は、中国語から由来したと考えられています。まずは漢字の意味を説明しましょう。

「辛」は、からい、つらい、と言う意味を持つ身近な漢字ですね。そして「辣」は辛い、厳しい、激しい、などの意味があります。「辛辣」はどちらも「からい」と言う意味を持つ漢字でできており、舌をひりひりさせるほどからいと言うことから、批評や言葉がきわめて手厳しいさまを表すようになったのです。「辛口コメント」と言う言葉があるように、手厳しい言動を表すのに、辛いの意味を持つ「辛」と「辣」はぴったりの漢字ですね。

そして中国語にも「辛辣」と言う言葉があり、こちらも同じく、非常に手厳しいこと、と言う意味を持っているのです。また、刺激が強いことや、味が辛い、と言う意味もあります。明確な事はわかっていませんが、おそらく中国語が語源であることは間違いなさそうです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: