この記事では「甲斐がある」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「pay off」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC915点で、海外経験も多いライターさくらを呼んです。一緒に「甲斐がある」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さくら

子供の頃から海外に興味を持ち、大学は英文科へ。留学、ワーキングホリデー、海外ボランティアなどの経験を持ち三カ国語を話す。日常で使う表現を得意とする。

「甲斐がある」の意味と使い方は?

それでは、「甲斐がある」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「甲斐がある」の意味

「甲斐がある」には、次のような意味があります。

取り組んだ分相応の結果が得られるさまを表す言い回し。労力を費やしたなりの効果や対価、満足感などが得られる様子。

出典:実用日本語表現辞典

「甲斐がある」の使い方・例文

次に「甲斐がある」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.努力の甲斐があって、息子は希望の大学に合格した。
2.これでこそ長年の苦労の甲斐があったというものだ。
3.彼女の必死の看病の甲斐があって、母親は元気になった。

\次のページで「「甲斐がある」の英語での表現は?」を解説!/

「甲斐がある」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「甲斐がある」の英語表現1

「甲斐がある」は「pay off」で表現できますよ。「pay」の「お金を支払う」という意味から、「pay off」には「清算する」という意味があります。ここから転じて物事の結果、結末を示す言葉としても使われるわけです。目標や計画に向かって行動した結果が、「pay off」の場合は通常良い意味ですので、「甲斐がある」「報われる」となります。

ただし、実際に金銭を払うという場合、借金などを返済する、人を買収するといった意味にも使われることがありますよ。文脈に注意しましょう。

1.After many years, his effort finally paid off and he passed the exam.
何年もの後、彼は努力の甲斐あって試験に受かった。

2.I'm sure what you did will pay off one day.
やった甲斐があったと言える日が必ず来ると思うよ。

3.Your hard work paid off!
苦心した甲斐があったね!

「甲斐がある」の英語表現2

worth ... ing」や「worth it」という表現もできますよ。ひとつめの表現は「報われる」という意味での「甲斐がある」でしたが、こちらは「... する価値がある」と言い換えられるような場合です。

「pay off」が「努力や時間等が良い結果に結びつく」というニュアンスなのに対して、「worth ... ing」は「これだけの良い結果の為なら...する価値がある」ということですね。

1.I spent years to pass the exam, but it was worth doing.
試験に受かるまでに何年もかかったが、それだけの甲斐があった。

2.The place is worth visiting, though it takes time and money to get there.
あの場所へは着くまでに時間もお金もかかるけど、行ってみる甲斐があるよ。

3.We had to queue for two hours to buy the cake, but it was worth it.
そのケーキを買うために二時間も列に並んだけど、その甲斐はあった。

\次のページで「「甲斐がある」を英語で言ってみよう」を解説!/

「甲斐がある」を英語で言ってみよう

この記事では「甲斐がある」の意味・使い方・英訳を説明しました。「pay off」も「worth ...ing」もよく使う表現で、会話をしていても多く耳にします。「pay」と「worth」はどちらも難解な単語ではありませんので、覚えやすいのではないでしょうか。ぜひ、使ってみてくださいね。

ちなみに、「pay off」は句動詞(phrasal verb)ですが、句動詞を覚えることは英語学習の大切なポイントのひとつです。基本的な動詞と副詞や前置詞の組み合わせですので、難しい単語を覚える必要もなく、表現が広がりますよ。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「甲斐がある」の英語表現は?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – Study-Z
英訳英語

【英語】「甲斐がある」の英語表現は?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「甲斐がある」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「pay off」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC915点で、海外経験も多いライターさくらを呼んです。一緒に「甲斐がある」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さくら

子供の頃から海外に興味を持ち、大学は英文科へ。留学、ワーキングホリデー、海外ボランティアなどの経験を持ち三カ国語を話す。日常で使う表現を得意とする。

「甲斐がある」の意味と使い方は?

それでは、「甲斐がある」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「甲斐がある」の意味

「甲斐がある」には、次のような意味があります。

取り組んだ分相応の結果が得られるさまを表す言い回し。労力を費やしたなりの効果や対価、満足感などが得られる様子。

出典:実用日本語表現辞典

「甲斐がある」の使い方・例文

次に「甲斐がある」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.努力の甲斐があって、息子は希望の大学に合格した。
2.これでこそ長年の苦労の甲斐があったというものだ。
3.彼女の必死の看病の甲斐があって、母親は元気になった。

\次のページで「「甲斐がある」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: