国語言葉の意味

「ノスタルジック」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターがわかりやすく解説!

この記事では「ノスタルジック」について解説する。

端的に言えば「ノスタルジック」の意味は「懐かしむ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役学生ライターのタビビトを呼んです。一緒に「ノスタルジック」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タビビト

現役の文学部学生ライター。学生生活の中で数多くの芸術関係の執筆を行い、小学生の頃から多種多様な書籍を読破してきた生粋の文科系。読書量に比例する文章力で日本語を分かりやすく説明する。

「ノスタルジック」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「ノスタルジック」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ノスタルジック」の意味は?

「ノスタルジック」には、次のような意味があります。

郷愁を感じるさま。また、感じさせるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ノスタルジック」

最近では、若い世代がフィルムカメラやレコード、昔から続く商店街などに魅了されるレトロブームが話題ですね。

「ノスタルジック」とは、故郷から離れた後に寂しさを感じて住み慣れた故郷を思い返すという時に用いられる言葉ですが、若者のレトロブームのように自分が実際には体験したことのない古い事柄や物に対して未知の懐かしさを感じるという不思議な感覚に対しても用いられます。

若者の間でレトロブームが広まっている昨今では、「ノスタルジック」という言葉もセットで見かけることが多くなったのではないでしょうか。「なんとなく意味は分かるけど詳しく聞かれると説明は出来ない」というわだかまりをこの機会に解消しましょう。

「ノスタルジック」の語源は?

image by iStockphoto

次に「ノスタルジック」の語源を確認しておきましょう。

「ノスタルジック」すなわち「nostalgic」の語源は、ギリシャ語の「nostalgie(ノスタルジー)」にあります。この「nostalgie」とは、17世紀のスイスの医学者ヨハネス・ホウファーが「帰郷(notos)+心の痛み(algos)」を合わせて作った造語です。

帰郷に心の痛みが伴う状態」。これは、帰郷したいという思いと帰郷したら故郷が崩れ去っているかもしれないという恐怖が入り混じった戦時中の兵士たちの間で広く用いられ、広まりました。現代では故郷を思い返すと思い出が蘇って寂しいという意味合いが強いですが、元来の意味は帰ることに心の痛みが伴うほど故郷がいつどうなるか分からないという恐怖の意味合いが強かったということが分かりますね。

\次のページで「「ノスタルジック」使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: