国語言葉の意味

「コンプライアンス」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「コンプライアンス」について解説する。

端的に言えばコンプライアンスの意味は「法令遵守」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「コンプライアンス」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「コンプライアンス」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「コンプライアンス」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「コンプライアンス」の意味は?

「コンプライアンス」には、次のような意味があります。

1.要求や命令への服従。
1-1.法令遵守。特に、企業がルールに従って公正・公平に業務を遂行すること。
1-2.服薬遵守。処方された薬を指示どおりに服用すること。
2.外力が加えられたときの物質の弾力性やたわみ強度。

出典:goo辞典「コンプライアンス」

「コンプライアンス」は、一般的に「企業活動における法令遵守」という意味です。法令のみならず、倫理や社会規範も対象になっています。企業の中では、社内規則やマニュアルなど、さまざまな決まりを守って経済活動を行う事を指す言葉です。また、医療現場で「コンプライアンス」というと、ルールを守って薬を服用するという意味になります。

さらに、1つ目の意味として「弾性力やたわみ強度」という意味もある言葉です。あまり目にする機会はありませんが、専門的な用語として「弾性コンプライアンス(弾性率)」も使われます。大きく見れば、「コンプライアンス」と言われたら「ルールやモラルを守る」という意味だと考えて良いでしょう。ここでは、ルールや法令だけでなく、モラルや社会規範なども含まれます。「悪いことをしない」というのが大原則です。ただし、専門用語で使われる事もあるので、注意してくださいね。

「コンプライアンス」の語源は?

次に「コンプライアンス」の語源を確認しておきましょう。

「コンプライアンス」はもともと英語に「compliance」という単語があります。20世紀後半からアメリカでよく使われるようになったフレーズです。広い意味で言えば、「従う」ということ。企業の法令遵守だけではなく、医師の投薬に従う事や、外力を受けた物体が弾性を示す事も含まれます。

「コンプライアンス」の使い方・例文

「コンプライアンス」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.私たちの企業は、コンプライアンスを大事にしています。
2.コンプライアンスを守って、薬を飲みましょう。
3.弾性率の逆数は、弾性コンプライアンス定数と言われる。

1つ目の例文は、企業における法令遵守の意味で使われています。これが最も一般的に使われる例です。「法令やモラルを守る」、つまり「悪い事はしません」という意味になります。

2つ目の例文は、医療で使う際の使い方です。「処方された通りに薬を飲みましょう」という意味になります。3つ目は、弾性やたわみ強度という意味で使われていますね。あまり見られませんが、このように使われる事もあります。

「コンプライアンス」が注目される背景

近年、「コンプライアンス」という言葉を聞く機会が増えてきましたね。その背景には、最近増えている不祥事が関係しているのです。「コンプライアンス」の違反すると、会社の信頼を失います。そのため、最悪の結果として倒産してしまうこともあるのです。

会社の信頼を失わないためにも、企業の多くが「コンプライアンス」を重視するようになりました。「悪いことはしない」というのは基本ですが、「この基本こそが大切」と再認識されるようになったという事です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「コンプライアンス」は、一般的には「法令遵守」という意味で使われるぞ。ただ、他にも意味があるから、正しく理解しておけよ。簡単に言えば「ルールやモラルを守る」という事だぞ。

「コンプライアンス」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「コンプライアンス」の類義語としては、以下のようなものがあります。

・遵守
・遵行
・順守
・即応
・適応
・遵奉

ここでは、「順守」について見ていきましょう。

「順守」

「順守」の意味は、以下のようになります。

1.法律や道徳・習慣を守り、従うこと。循守。

出典:goo辞典「順守」

「順守」は、コンプライアンスとほとんど同じ意味になります。法律だけでなく、道徳や習慣を守るという事です。ただ、コンプライアンスという言葉は、企業活動において「悪いことをしていない」という事を表します。そのため、わざわざ別の言葉にして用いる人は少ないでしょう。

「コンプライアンス」が含まれる言葉

「コンプライアンス」が含まれる言葉は、いろいろあります。

・コンプライアンス違反
・コンプライアンス部門
・企業コンプライアンス
・服薬コンプライアンス
・コンプライアンスチェック
・コンプライアンス経営

ここでは、「コンプライアンス違反」「服薬コンプライアンス」について見ていきましょう。

「コンプライアンス違反」

「コンプライアンス違反」というのは、コンプライアンスに違反した行為を指します。具体的には、ハラスメントや偽装、脱税などが挙げられますよ。コンプライアンス違反をすると、損害賠償の請求や売り上げの減少、社会的信頼の低下などの影響があります。

そのため、企業はコンプライアンス研修などを実施して、コンプライアンスを守る取り組みに力を入れているのです。

服薬コンプライアンス

「服薬コンプライアンス」とは、患者が医師や薬剤師の指示通りに薬を飲むという意味です。「コンプライアンス」という言葉にも、同じ意味がありましたね。ただ、「コンプライアンス」と言ってしまうと、「法令遵守」の意味で理解されてしまう事が多いのです。意味の誤解を防ぐためにも、「服薬」と加える事で投薬に関する意味だとわかりやすくしています。

風邪や病気を治してくれる薬ですが、効果を発揮するためには服用方法を守ることが大切です。そのためにも、指示された通りに薬を飲むようにしましょう。

「コンプライアンス」の英訳は?

image by iStockphoto

ここからは、「コンプライアンス」の英訳について見ていきましょう。

「compliance」

「コンプライアンス」は、もともと英語から生まれた言葉です。

次のページを読む
1 2
Share:
要