国語言葉の意味

「能ある鷹は爪を隠す」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

1.彼は追い詰められた時ほど、実力を発揮する。まさに能ある鷹は爪を隠すだ。
2.能ある鷹は爪を隠すというが、能力をアピールしない人の方が好印象だな。
3.自慢のし過ぎはやめたら?「能ある鷹は爪を隠す」だよ。

「能ある鷹は爪を隠す」は、褒め言葉として用いられる事もあります。例えば、1つ目の例文は、いざという時の実力を評価している使い方です。また、「能ある鷹は爪を隠す」には、「本当の実力を普段は見せるべきではない」という意味もありましたね。その意味で用いると、2つ目の例文になります。本当の能力をアピールし過ぎない方が良く、そうする事で相手からは良い印象を持ってもらえるという事です。

さらに、3つ目の例文では、「能ある鷹は爪を隠す」ということわざを用いて、実力や能力をアピールする人に苦言を呈しています。あまり見せつけ過ぎず、実力を隠しておいた方が良いという事でしょう。

「能ある鷹は爪を隠す」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「能ある鷹は爪を隠す」の類義語には、以下のようなものがあります。

・食い付く犬は吠え付かぬ
・上手の鷹が爪隠す
・大賢は愚なるが如し
・大賢は愚に近し
・大巧は巧術なし
・大巧は拙なるが若し
・大才は愚の如し
・大知は知ならず
・鳴かない猫は鼠捕る
・鼠捕る猫は爪隠す
・能ある猫は爪隠す
・深い川は静かに流れる
・猟する鷹は爪隠す

同じような意味を表すことわざが、たくさんあるのです。ここでは「深い川は静かに流れる」について見ていきましょう。

「深い川は静かに流れる」

「深い川は静かに流れる」は、次のような意味になります。

\次のページで「「能ある鷹は爪を隠す」の対義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: