国語言葉の意味

【慣用句】「人を呪わば穴二つ」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「人を呪わば穴二つ」について解説する。

端的に言えば人を呪わば穴二つの意味は「人に悪事を働くと自分にも返ってくること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「人を呪わば穴二つ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で現代日本語学を専攻していた。穴といえば、若い頃にビリヤードがブームとなっていた世代。ナインボールではコンビネーションで早く9番を落としたいタイプだった。うまくいった試しはない。

「人を呪わば穴二つ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「人を呪わば穴二つ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「人を呪わば穴二つ」の意味は?

「人を呪わば穴二つ」には、次のような意味があります。

他人を呪って殺そうとすれば、自分もその報いで殺されることになるので、墓穴が二つ必要になる。人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こるというたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「人(ひと)を呪(のろ)わば穴(あな)二つ」

人を呪わば穴二つ」(ひとをのろわばあなふたつ)とは、人を陥れようとすると自分自身にも災いが返ってくることの例えです。当然のことですが、やはり悪いことはできません。

辞書にも書いてありますが、この「穴二つ」とは墓穴のことです。つまり、陥れようとする他人ばかりでなく、自分も命を落とす羽目になるというとになります。恐ろしい意味がありますよね。

「人を呪わば穴二つ」の語源は?

次に「人を呪わば穴二つ」の語源を確認しておきましょう。墓穴を2つ用意する状況とは何か気になりますよね。

平安時代には、陰陽師おんみょうじ)と呼ばれる人が活躍していました。加持祈祷(かじきとう)を専門としていて、占いや怨霊退散などを行う職業です。映画などでイメージをつかんでいる人は多いのではないでしょうか。陰陽師の仕事には、人を呪い殺すという物騒なものまでありました。その際に、陰陽師は呪い返されることも覚悟して、呪う相手の分と自分のものと合わせて2つの墓穴を用意したのです。仕事とはいえ人を殺めるわけですから、相当な覚悟が必要だったと考えられます。

次のページを読む
1 2 3
Share: