国語言葉の意味

【慣用句】「やぶさかではない」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「やぶさかではない」について解説する。

端的に言えば、やぶさかではないの意味は「喜んでする」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「やぶさかではない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「やぶさかではない」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「やぶさかではない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「やぶさかではない」は良く耳にする言葉ですが、一方で意味を間違えて覚えている人も少なくないようです。使い方を誤ってしまうことが無いように、「やぶさかではない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「やぶさかではない」の意味は?

まず初めに「やぶさかではない」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。

1.そうすることに努力をおしまない(何のためらいもない)の意を表す。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「やぶさかでない」

2.…する努力を惜しまない。喜んで…する。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「…にやぶさかではない」

上記のように、「やぶさかではない」は、進んで何かをする、そのことをするのに努力を惜しまない、ということです。「やぶさか」は漢字で「吝か」と書き、ためらうことや、気が進まないことを意味しています。そして「やぶさかではない」と「吝か」を否定していますから、喜んでする、と言う意味になるのですね。とても、前向きな意味の言葉なのですが、実は、しぶしぶやること、やりたくないこと、などと意味を間違って覚えている人がとても多いそうです。全く反対の意味になってしまいますから、気をつけましょう。

「やぶさかではない」の語源は?

次に「やぶさかではない」の語源を確認しておきましょう。先ほど、「やぶさかではない」は「やぶさか」の否定形だと説明しました。この「やぶさか」と言う言葉の語源は古く、平安時代の「やふさがる」と言う言葉が由来であると考えられています。 「やふさがる」の意味は、「やぶさか」と同じく、物惜しみする、躊躇すると言うことです。そして、この言葉が後の鎌倉時代には「やふさか」と変化し、そのまた後に濁点がつけられて現在の「やぶさか」となったと推測されています。そして現在では、「やぶさかではない」と言う否定形をとり、惜しみなく努力する、喜んでやる、と言う意味になったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: