理科生物

リボソームって何?生物ならみんな持っている!現役講師が5分でわかりやすく解説します!

よぉ、桜木建二だ。この記事では「リボソーム」について学んでいこう。

生物の教科書に必ず名前が載っているリボソームだが、高校の授業ではあまり深く学ぶことなく済まされてしまうことが多い。じつは、リボソームは生物にとって欠かすことのできないものなんだ。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ID: ↑パーツ内本文:68文字

リボソームとは

リボソーム(ribosome)はすべての生物の細胞内に存在する、小さな構造物です。タンパク質とRNA分子からできています。後ほど詳しく解説しますが、リボソームは翻訳(mRNAの情報からタンパク質をつくる)という作業が行われる場所。すべての生物にとって、生きていくためになくてはならないものなのです。

なお、リボゾームや英語読みのライボソームとよばれることもあるため、注意が必要となります。

ID: ↑パーツ内本文:195文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

リボソームの役割

初めに少しだけ触れましたが、リボソームは翻訳という作業が行われる場所です。これをもう少し深く理解するために、DNAからタンパク質ができるまでの流れをおさらいしましょう。

ID: ↑パーツ内本文:84文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka