この記事では「恨みを賈う」について解説する。

端的に言えば恨みを買うの意味は「人から恨まれること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んです。一緒に「恨みを賈う」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「恨みを買う」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「恨みを賈う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「恨みを買う」の意味は?

「恨みを買う」には、次のような意味があります。

・恨まれる。恨みを受ける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「恨みを買う」

読み方は「うらみをかう」。他人から恨まれることを表す表現であり、反感を表す慣用句です。できればそうでありたくないものですね。そんなこの慣用句ではありますが、早速要素ごとに分解して解説したいと思います。

まずは「恨み」。「怨み」あるいは「憾み」とも表すようですね。こちらの言葉には多くの意味がありますが、「恨みを買う」においては「相手の行為や態度などに対して感じる不満や憤りなど」の意味で用いられています。そして「賈う」の意味。こちらは「代金を支払って品物を手にする」意味の買うではなく、「行為が元となって好ましくないことが身に降りかかる」意味での賈うが用いられているのです。

つまり、対象者が何らかの行為や態度を表に出し、それが元となって他人から不満や憤りを他の者から被ることを「恨みを買う」と表している、と言えるでしょう。

「買う」を用いた慣用句たち

慣用句の中で「買う」が用いられているのは、「恨みを買う」だけではありません。それ以外にも複数の「買う」を用いた慣用句があるのです。そのうちのふたつを紹介しましょう。

ひとつ目は「顰蹙を買う」です。読み方は「ひんしゅくをかう」。顰蹙は眉をひそめること、転じて不快であることを表します。そのためこの慣用句は何かの行為や態度などに対して誰かが不快感を抱くことを表しているのです。

そしてふたつめは「失笑を買う」。こちらは愚かな言動などに対して誰かが呆れた笑いを漏らした際に使う慣用句。このように、「買う」を用いた慣用句は何かしらの行動に対してそれ以外の者が何かしらの負の感情を抱いた際に用いられる表現だとわかっていただけたのではないでしょうか。

\次のページで「「恨みを買う」の使い方・例文」を解説!/

「恨みを買う」の使い方・例文

「恨みを買う」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あの少年はこれまで決して悪意を働いたことはなかったのに、同級生の父親を殺害したことで途端に皆からの恨みを買った。
2.彼は学生時代、窃盗や暴力など人から恨みを買うようなことばかりしていた。

動詞的・名詞的、異なるふたつの方法で用いられた例文を記載させていただきました。例文1は動詞的な用法です。主語である「あの少年」は殺人という行為によって周囲から恨まれることになる、恨みを買いました。

そして例文2は名詞的な用法。主語は「彼」で、動詞は「する」。では何をしていたのかといえば、「人から恨みを買うようなこと」であったわけですね。

「恨みを買う」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

他人から悪感情を受ける「恨みを買う」。この慣用句にはどのような類義語があるのでしょう。見ていきましょう。

「罵声を浴びる」

読み方は「ばせいをあびる」。こちらも「恨みを買う」同様に、他者から負の感情を投げかけられることを表す慣用句です。

罵声とは「罵(ののし)って騒ぐ声」のこと、浴びるは「被る(こうむる)」ことを表します。つまり、罵る声を投げかけられることを表しているのですね。

ただ「恨みを買う」は言葉にしなくても成立しますが、「罵声を浴びる」は悪意が言葉として表されない限り成立しない慣用句であるという違いがあります。

\次のページで「「非難に晒される」」を解説!/

「非難に晒される」

読み方は「ひなんにさらされる」。非難は「他者から受ける批判や否定など」のこと。「晒す」はありのままの状態で置いておかれること。ただし、「晒される」と慣用句的に用いられる場合、「危険な状態にあうかもしれない状態であり続けること」という意味を持つようですね。

それらふたつを組み合わせてある行為や人間に対して批判や否定が集まっている状態を表しているのですね。

「恨みを買う」の対義語は?

相手から悪感情をぶつけられる「恨みを買う」でしたが、その対義語にはどのような者があるのでしょう。それでは、見ていきましょう。

「恩赦を受ける」

「恩赦」とは「許し」のこと。それを「受ける」と組み合わせることで「許される」意味を持ちます。

しかし、「恩赦」という表現が用いられるのは極めて限られた場合です。国から個人が罪を軽くされる場合、あるいは罪自体の消滅がなされた場合にのみ使用できます。つまり、この表現は私人間ではなく、公的な権力とそれより下の個人との関係性でのみ用いられる慣用句であると言えるでしょう。

「喝采を浴びる」

読み方は「かっさいをあびる」。こちらは「許される」ような意味ではありません。それよりももっとプラスな「すごく褒められる」ような意味を持った慣用句です。

「喝采」とは「やんやと褒めそやす」こと。それを「浴びる」ので、「とてもたくさん褒められる」を表せるのですね。また、「喝采」は「拍手喝采」に置き換えても成立します。「拍手」は褒める際にするアクション。それを頭につけることでより意味を強められるのですね。

「恨み」を用いた慣用句

image by iStockphoto

「恨みを買う」において主軸となる「恨み」を用いた慣用句は、これ以外にもあります。その慣用句をふたつ紹介しましょう。

「恨み辛み」

読み方は「うらみつらみ」。これは、負の感情をまとめて表した表現と言えるでしょう。「恨み」は先述した通り「相手の行為や態度などに対して感じる不満や憤りなど」を表す単語。そして「辛み」は「辛い」を活用した表現。「辛いことや辛いと感じる感情そのもの」を表しています。

これらを組み合わせることで日頃の憎しみや辛さ、苦しみを表しているのです。ただ「妬み」や「嫉み」と違い、相手に対する「羨望」の感情がないことに留意しましょう。

\次のページで「「恨み節」」を解説!/

「恨み節」

こちらの慣用句は「うらみぶし」と読みます。「うらみふし」ではないので注意しましょう。

「節」とは区切りの他に台詞や旋律の一区切りのような意味があります。それを「恨み」と組み合わせ、「恨みを込めた文句・歌詞」あるいは「暗い雰囲気を持った歌曲」を表せるのです。

「恨みを買う」を使いこなそう

この記事では「恨みを買う」の意味・使い方・類語などを説明しました。それ以外にも派生して「買う」あるいは「恨み」を用いた表現を紹介させていただきましたが、共通する部分を見出していただけたなら幸いです。

「恨み」は「怨み」と表されることもあり、「怨」を用いた慣用句もあるので、共通点や相違点を考えてみてもおもしろいかもしれませんね。

" /> 【慣用句】「恨みを買う」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「恨みを買う」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「恨みを賈う」について解説する。

端的に言えば恨みを買うの意味は「人から恨まれること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

小説や記事の執筆など、言葉に多く携わっている中低青黄を呼んです。一緒に「恨みを賈う」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/中低青黄

大学生ライター。大学生活を送る傍ら、PR会社にて記事の添削・校正などを担当。また、高校生の頃から小説をはじめとした書籍を多数通読。小説の執筆や記事の作成なども行っている。

「恨みを買う」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「恨みを賈う」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「恨みを買う」の意味は?

「恨みを買う」には、次のような意味があります。

・恨まれる。恨みを受ける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「恨みを買う」

読み方は「うらみをかう」。他人から恨まれることを表す表現であり、反感を表す慣用句です。できればそうでありたくないものですね。そんなこの慣用句ではありますが、早速要素ごとに分解して解説したいと思います。

まずは「恨み」。「怨み」あるいは「憾み」とも表すようですね。こちらの言葉には多くの意味がありますが、「恨みを買う」においては「相手の行為や態度などに対して感じる不満や憤りなど」の意味で用いられています。そして「賈う」の意味。こちらは「代金を支払って品物を手にする」意味の買うではなく、「行為が元となって好ましくないことが身に降りかかる」意味での賈うが用いられているのです。

つまり、対象者が何らかの行為や態度を表に出し、それが元となって他人から不満や憤りを他の者から被ることを「恨みを買う」と表している、と言えるでしょう。

「買う」を用いた慣用句たち

慣用句の中で「買う」が用いられているのは、「恨みを買う」だけではありません。それ以外にも複数の「買う」を用いた慣用句があるのです。そのうちのふたつを紹介しましょう。

ひとつ目は「顰蹙を買う」です。読み方は「ひんしゅくをかう」。顰蹙は眉をひそめること、転じて不快であることを表します。そのためこの慣用句は何かの行為や態度などに対して誰かが不快感を抱くことを表しているのです。

そしてふたつめは「失笑を買う」。こちらは愚かな言動などに対して誰かが呆れた笑いを漏らした際に使う慣用句。このように、「買う」を用いた慣用句は何かしらの行動に対してそれ以外の者が何かしらの負の感情を抱いた際に用いられる表現だとわかっていただけたのではないでしょうか。

\次のページで「「恨みを買う」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: