国語言葉の意味

なぜ「あばたもえくぼ」に見えるのか?意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「あばたもえくぼ」について解説する。
端的に言えば、あばたもえくぼの意味は「相手に好意を持つと欠点も長所に見える」だ。なぜ「あばたもえくぼ」に見えるのか?その由来や心理についても見ていこう。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んだ。「あばたもえくぼ」の意味をチェックし、使い方や類義語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「あばたもえくぼ」の意味・語源・例文など

image by iStockphoto

まずは「あばたもえくぼ」の意味や語源を見ていきましょう。なぜ「あばたもえくぼ」に見えるのかも解説しますよ。理解できたら例文で使い方も見ていきましょう。

「あばたもえくぼ」の意味

まず、辞書で「あばたもえくぼ」の意味をチェックしましょう。

恋する者の目には、相手のあばたでもえくぼのように見える。ひいき目で見れば、どんな欠点でも長所に見えるということのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「あばたもえくぼ」

「あばた」とは、天然痘(てんねんとう)が治ったあとに残る皮膚の小さなくぼみのこと。「あばたもえくぼ」「恋する者の目にはあばたもえくぼのように見える」つまり「相手に好意を持つと欠点も長所に見える」という意味です。

「あばたもえくぼ」の語源

「あばた」と言われてもピンとこないかもしれないですね。「あばた」は漢字では「痘痕」と書きます。天然痘(痘そう)の痕(あと)という意味です。天然痘は1980年に地球上から根絶されるまで、感染力や致死率が高い病気として恐れられていました。

たとえ治っても、「あばた」が残って見た目が悪くなるため「見目定(みめさだ)めの病」として忌み嫌われていたのです。恋する者の目には、そんな「あばた」すらもえくぼに見えてしまうというのが「あばたもえくぼ」の語源ですよ。いつから使われていたかはわかりませんが、江戸時代の洒落本(しゃれぼん)に記載が見られます。

「あばたもえくぼ」に見えるのは「ハロー効果」のせい!

「ハロー効果」をご存じでしょうか。「ハロー」とは、神仏の背後に描かれる後光のことで、日本語では「後光効果」などと訳されています。「ハロー効果」とは、「人などを評価するときに、目立った特徴があると、その一部分の印象によって全体の評価が影響を受けてしまう」こと。

好きなタレントが起用されているCMを見ると、その商品にも好感を持ちますよね。相手のことを好きになると「あばた」も欠点には見えず、相手を全体的に高く評価してしまうものなのです。

\次のページで「「あばたもえくぼ」の例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: