理科生物生物の分類・進化

「白変種」はなぜ生まれる?アルビノとの違いは?その神秘的な見た目の秘密を現役講師が解説します!

その通り!生息場所によっては白変種の方が生存に有利にはたらくことがあるのです。

ホッキョクグマやホッキョクウサギは、生まれる個体のほとんどが白い個体であるため、わざわざ白変種とよぶことは少ないですが…毛を白くする遺伝子が発現して白くなる、という点では、白変種と同じ仕組みといえます。

雪の降らないような環境に住む動物でも白変種がうまれるのは、白変させる遺伝子が存在しているからです。この説明として「動物にとって白変が有利にはたらく可能性があるために、白変させる遺伝子も潜在的に脈々と受け継がれているのではないか」と考える研究者もいます。白変させる遺伝子がのこっていれば、急に氷河期が来た時にも、種が存続できるかもしれませんからね。

ID: ↑パーツ内本文:324文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

毛や肌が白くなる現象に「アルビノ」というのがあるが、白変種と同じ現象なのだろうか?

ID: ↑パーツ内本文:41文字

それが紛らわしいのですが…実は、アルビノと白変種は異なる仕組みでおきる、まったく別の現象なのです。

ID: ↑パーツ内本文:56文字

白変種≠アルビノ

白変種は前述の通り、正常な遺伝子のはたらきによって生じます。一方、アルビノはメラニンという色素をつくる遺伝子が突然変異によって機能しなくなることで起きるのです。からだのすべての組織でメラニンがみられないため、白い肌、白い毛になります。

ID: ↑パーツ内本文:117文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

メラニンといえば、日焼けや、肌のシミの原因となる物質として知られているな。

日焼けすると肌が黒くなるのは、皮膚でメラニンをたくさん作りだすからだ。強い日差しに含まれる紫外線は、細胞中のDNAを損傷する。紫外線が細胞や体の奥まで届かないよう、メラニンをつくって防ごうとするんだ。一方、髪の毛でメラニンがつくられなくなると、黒かった髪が白く…つまり白髪になっていくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:190文字

白変種とアルビノの見分け方

一見同じような形質に見える白変種とアルビノですが、その違いがはっきりと表れるのが”眼”です。白変種の個体では、メラニンをつくる色素は正常に機能しているため、眼の瞳孔(瞳)はその色素の沈着により黒くなります。アルビノ個体ではメラニンがつくられません。すると、瞳孔部分の血管の色が見えるようになるため、赤っぽい眼になるのです。

ID: ↑パーツ内本文:173文字

image by iStockphoto

なお、ヒトでもアルビノの形質をもって生まれてくる人がいますが、必ずしも「眼が赤い」とは言い切れないようです。虹彩(いわゆる黒目)の部分は、灰色や青色系など様々であることが多いのだといいます。メラニン色素の量だけでなく、他の色素や光の散乱などの具合で虹彩の色は決まってくるので、単純に「アルビノ=赤目」と考えてしまうのには注意が必要かもしれませんね。

ID: ↑パーツ内本文:174文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
yu_onozuka