化学物質の状態・構成・変化理科

5分でわかる正電荷と負電荷!両者の違いは?理系学生ライターが徹底解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「正電荷」と「負電荷」について解説していくぞ。

正電荷および負電荷について理解をしておくことは、化学や物理学を勉強する上で、必須事項だと言える。もし、これらの違いなどが曖昧にしか理解できていないのであれば、もう一度学びなおすことを強く勧めるぞ。この記事では、具体例を多く紹介し、直感的に理解ができるように工夫した。ぜひ、この機会に、正電荷および負電荷について理解を深めてくれ。

化学に詳しいライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。資源材料学、環境化学工学、バイオマスエネルギーなども勉強中。

原子の構造について詳しく解説!

今回は、化学の視点で正電荷と負電荷について学んでいきましょう正電荷と負電荷について理解するためには、あらゆる物質を構成している原子の構造について学ぶ必要があります。ですから、この記事では最初に原子の構造について解説しますね

原子の中心部分には、原子核と呼ばれる粒子の集合体が存在し、その周りを複数の電子という粒子が飛び回っています。以下では、原子核を構成する粒子や電子についての詳しい説明を行いますね。

陽子とは?

陽子とは?

image by Study-Z編集部

原子核に含まれる粒子の1つに陽子があります陽子はプラスの電気を帯びている正電荷となっていますよこの陽子の数によって、原子核の種類は決まります。水素原子に含まれる陽子は1つ、ヘリウム原子に含まれる陽子は2つといった具合です。つまり、原子番号が原子核に含まれる陽子の数に対応しているのですね

一般的に、正電荷同士には反発しあうような力が作用するとされています。ですが、原子核の中では複数の陽子が近距離で安定的に集合しているのです。このような現象が生じる理由は、原子核内では核力という力がはたらき、反発しようとする陽子同士を、押さえつけているからですよ。ちなみに、この核力が、原子力発電や核兵器が使用するエネルギーの源になっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

陽子は正電荷の代表例だぞ。

中性子とは?

中性子とは?

image by Study-Z編集部

原子核に含まれる粒子は2種類です1つは陽子であり、もう1つが中性子ですよ。中性子は、プラスの電気もマイナスの電気も帯びていない粒子です。この中性子の数によって、原子核の安定度が決まると考えられていますよ

また、原子核に含まれる陽子と中性子の総数のことを質量数と呼びます。つまり、質量数から原子番号を引き算した値が、中性子の数になるということです。そして、原子番号が同じであっても、質量数が違う原子同士のことを同位体と呼びますよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

中性子は、正電荷にも負電荷にも分類されないが、しっかり覚えておけよ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
pen_teppo