国語言葉の意味

【慣用句】「引けを取る」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「引けを取る」について解説する。

端的に言えば引けを取るの意味は「劣っている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「引けを取る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「引けを取る」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「引けを取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「引けを取る」(ひけをとる)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「引けを取る」の意味は?

まず、「引けを取る」の正確な意味を、辞書からの引用で確かめましょう。

1.負ける。劣る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「引けを取る」

引けを取る」は簡単に言えば何かと比べて劣っている、負けていると言う意味です。初めて知る人も「引けを取らない」と言う言葉でしたら聞き覚えがあるかも知れません。「引けを取らない」は、「引けを取る」の否定形で、何かと比べて負けていない、遜色ない、と言う意味の慣用句です。実際にはこちらの使い方の方が多いでしょう。「引けを取る」を「引けを取らない」の逆の言葉だと考えればイメージがわきやすいかもしれません。

「引けを取る」の語源は?

次に「引けを取る」の語源について説明しましょう。何故「引けを取る」が「劣っている」と言うことを意味するのか、また「引け」にはどんな意味があるのでしょうか。

引け」とはもともと「退け(ひけ)」からきていると考えられています。「退け」とは、昔の戦場において、負けて退却を命じるときの言葉です。歴史劇などの戦闘シーンで、不利な側の軍の将が「退け—!」と言うのを聞いたことがあるでしょう。つまり「引けを取る」とは戦場で負けて退却するのを例えにして「劣っている」「負けている」ことを表現しているのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: