国語言葉の意味

【慣用句】「右から左」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「右から左」について解説する。

端的に言えば右から左の意味は「すぐ他人に渡す」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「右から左」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

「右から左」といえば、10年以上前にお笑い芸人のムーディー勝山さんが歌った「右から左へ受け流すの歌」を初めて聞いたときの衝撃は忘れられないという。右から左とはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「右から左」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「右から左」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「右から左」の意味は?

「右から左」には、次のような意味があります。

受け取った金品を、すぐまた他の人に渡して、手元にとどめおかないこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

品物や書類などを手元に置いておくことなく、すぐにほかに人や機関に回してしまう様子を表す言葉です。そこから、すぐに準備ができることを指して使うこともありますよ。

ちなみに「左から右」でもよさそうなものですが、そう表現することはまずないので気をつけましょう。

「右から左」の語源は?

次に「右から左」の語源を確認しておきましょう。結論から言うと、はっきりした語源は見つかりませんでした。筆者の私見としては、「上から下」では天から降ってきたような印象になり、人の行動を表す感じが薄れるために左右で表すのではないかと思います。

また、方向が必ず「右から」と言われる理由も考えました。日本語は従来、縦書きで右から左へと書き進めることと関係するのか、はたまた武士の世界では右上位だったという説から、「目上の人からの物品を目下の人に渡す」イメージがあるのか…。いろいろと想像が膨らんで楽しいですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: