体の仕組み・器官理科生物

5分でわかる「内分泌腺」重要なホルモンを分泌する器官について医学系研究アシスタントが解説

よぉ、桜木建二だ。この記事でもヒトの体のことについて学んでいくぞ。内分泌腺についてだ。意識していなくても、我々の体は「恒常性」を保っている。体温が上昇すれば体温を冷やすように汗が出るし、食後血糖値が上昇したら血糖値を下げるようにインスリンが分泌される。このように、体の状態を調整してくれるのをホルモンと言うが、これらを分泌するのが内分泌腺だ。内分泌腺について医学系研究アシスタントのライターmimosa(ミモザ)と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

mimosa0708

ライター/mimosa

もともと文系出身で、独学で生物学、生化学を勉強し、現在医学系研究所の研究アシスタントとして理系の世界へ飛び込んだ。理科が苦手な方へも興味を持ってもらうべくわかりやすい説明を心掛けている。

1.ヒトの生命維持のための体の働き

内分泌腺について話を進める前に、「恒常性」と「内分泌系」について確認しておきましょうね。

恒常性とは

image by iStockphoto

内分泌腺について説明する前に、「恒常性」についてお話しますね。「恒常性」とはホメオスタシスとも言われていて、体内環境を一定に保つことです。恒常性には、腎臓、肝臓、循環系などの多くの器官が関係していますよ。また、自律神経系や内分泌系による調節を受けますよ。

「恒常性」のことについて詳しくは「組織液、リンパ液」の記事をご参照くださいね。

次のページを読む
1 2 3
Share:
mimosa0708