国語言葉の意味

【慣用句】「一も二もなく」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、「一も二もなく」の類義語や対義語、英訳について解説してきた。対義語では異論を言うケースの表現を紹介してきたが、疑わしいと思うような表現には「首をひねる」「腑に落ちない」「釈然としない(しゃくぜんとしない)」「怪訝に思う(けげんにおもう)」などがあるぞ。

「一も二もなく」を使いこなそう

今回の記事では「一も二もなく」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「一も二もなく」の基本の意味は、あれこれいうまでもなく、異議なくということです。また、無条件に受け入れたあとは、受け入れたり引き受けたりする場合によく使われます。引き受けるかどうかとは関係なく使える類義語の「鵜呑みにする」や「真に受ける」と使い分けるといいですね。

1 2 3 4
Share:
yamato810