国語言葉の意味

【慣用句】「竹に雀」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「竹に雀」について解説する。

端的に言えば「竹に雀」の意味は「取り合わせのよいことのたとえ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

豊富な読書経験を持ち、詩人としても活動するくぼっちを呼んだ。一緒に「竹に雀」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/くぼっち

児童文学から精神世界、育児書まで幅広い読書経験を持ち、詩人としても活動中。その豊富な経験を生かし、難解な言葉をわかりやすく解説していく。

「竹に雀」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 68409839

それでは早速「竹に雀」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「たけにすずめ」です。

「竹に雀」の意味は?

「竹に雀」には、次のような意味があります。まずは辞書から正確な意味を引用し、さらに詳しく見ていきましょう。

  1. 竹にスズメのいる図柄。日本画の画題。

  2. 取り合わせのよいことのたとえ。

  3. 紋所の名。笹竹 (ささたけ) で丸を作り、その中にスズメが向き合っているもの。上杉氏・長尾氏・伊達氏などが用いた。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「竹に雀」

「竹に雀」には3つの意味があります。1つ目は日本画のモチーフとしての、竹に雀のいる図柄。2つ目は「取り合わせの良いことのたとえ」という意味で、これは1つ目の日本画の竹に雀が止まっている図柄が、モチーフとして取り合わせが良いことから来ています。そして3つ目は家紋としての竹に雀。上杉家や伊達家に使われている家紋で、笹竹で作った丸の内側に雀が向き合っているものです。

常緑の竹に群れを成す雀ということで、子孫繁栄や一族の栄華を願う吉祥紋のひとつとされています。伊達家の家紋には「竹に雀紋」の他に豊臣秀吉から伊達政宗に寄贈された「十六葉菊紋」、五七桐紋、蟹牡丹紋、伊達家の先祖が源頼朝から拝領した「三つ引両紋」、九曜紋、鴛鴦の丸紋、ナズナ紋、雪に薄紋などたくさんの家紋があり、その中でも有名なのが「仙台笹」と呼ばれる「竹に雀紋」というわけです。1つ目と3つ目は日本画や家紋の図柄を表すものであり、慣用句としての意味は2つ目の「取り合わせの良いことのたとえ」ということになります。

「竹に雀」の語源は?

次に「竹に雀」の語源を確認しておきましょう。日本画のモチーフとして、竹と雀がよく使われます。竹に止まった雀の図柄が格好のものであることから、「取り合わせのよいことのたとえ」という意味の由来となっているようです。それから家紋としての「竹に雀」ですが、なぜ上杉家や伊達家が「竹に雀」の家紋を使用するようになったのか。そのあたりの由来も一緒に見ていきましょう。「竹に雀」の家紋は、元々は越後の上杉家が使っていたもののようです。なぜそれを伊達家も使うようになったのか?

伊達家といえば独眼竜政宗として有名な伊達政宗。宮城県仙台市の仙台城を築いた戦国武将です。その政宗の重臣に伊達成実(しげざね)という武将がおり、その父の伊達実元(さねもと)という政宗の大叔父に当たる人が、越後守護大名の上杉定実の所へ養子に行くという話になりました。その時に引き出物として贈られたのが「竹と雀」の家紋だという由来があります。結局、実元が養子に行く話はなくなりましたが、家紋は伊達家で大切に使われたということです。

ちなみに上杉家の先祖は公家の藤原氏で、藤原北家勧修寺流(かじゅうじりゅう)という一門が「竹に雀」の家紋を使っていたのが、竹に雀紋の元々の由来となります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: